特集

第18回ショパン国際ピアノコンクール
18th Chopin Piano Competition

 5年に一度開催されるクラシック界最大のイベント、ショパン国際ピアノコンクール。世界的なパンデミックにより一年延期を余儀なくされましたが、2021年10月、いよいよワルシャワのステージにピアニストたちが帰ってきます! 日本からは計14名がエントリー。反田恭平、角野隼斗、牛田智大、小林愛実など、すでに広く演奏活動をおこなっている話題のピアニストがこれだけ多数出場するのは、おそらく初めてのことでしょう。コロナ禍のいま、気軽にポーランドまで足を伸ばすというわけにはいきませんが、自宅にいながらにして、高音質・高画質の配信によりリアルタイムでワルシャワの興奮を体感できます。日本のコンテスタントだけでなく、海外各国の初めて見るピアニストの中に煌めく才能を発見できるのもコンクールの楽しみのひとつ。審査の行方もさることながら、それぞれの演奏をじっくりと味わい、お気に入りのピアニストを応援しましょう! ただし、時差(7時間)があるので寝不足には十分気をつけて。
 ぶらあぼONLINEの特集コーナーでは、今大会の展望やコンクールの歴史などさまざまな読みものに加え、ワルシャワで取材中の音楽ライター高坂はる香さんによるレポートを随時掲載。現地からの最新情報にご注目ください!
課題曲と賞
Repertoire & Awards
本選出場者&曲目
Final | Competitors
動画配信スケジュールまとめ
Streaming

MOVIE

スケジュール

スケジュール
  • 7/12~23
    予備予選
    Preminary
  • 10/2
    記念コンサート
    Inaugural Concert
  • 10/3~7
    ステージI
    Stage I
  • 10/9~12
    ステージII
    Stage II
  • 10/14~16
    ステージIII
    Stage III
  • 10/17
    ショパン没後172年記念式典
    Celebrations marking the 172nd anniversary of Fryderyk Chopin’s death
  • 10/18~20
    ファイナル
    Final
  • 10/21~23
    入賞者コンサート
    Prize-winners’ concert

ぶらあぼのSNSをフォローする

最新のクラシック音楽情報をお届けします