インタビュー

赤松林太郎(ピアノ) & 西本夏生(ピアノ) & 尾城杏奈(ピアノ)

聴き手とアーティストをつなぐ〜8名のピアニストによるオンライン・リクエストコンサート  今なお世界中は目に見えない敵との戦いの日々だ。しかし厳しい状況の中で、演奏家たちや彼らを支援する企業・団体は、素晴らしい音楽を少しでも多くの人々に届けようと試行錯誤を繰り返している。その先頭に立っているのが「ピティナ(一般社団法人全…

中野翔太(ピアノ)& 松永貴志(ピアノ)& 田中拓也(サクソフォン)

ジャンルレスな3人によるスペシャルトリオ、満を持しての初共演!  2021年、鮮やかなテクニックと幅広いレパートリー、音楽性を誇るピアニストの中野翔太を中心に、新たな豪華セッションが実現する。共演は国際的なジャズピアニストとしてその地位を確立している松永貴志に、ソロではもちろん、「ブルーオーロラ サクソフォン・カルテッ…

木越 洋(チェロ)

興趣溢れるイメージで聖典を描いた注目の新録音  NHK交響楽団の首席奏者を32年間務め、現在はソロ活動や後進の指導のほか、イルミナートフィルハーモニー等でも活躍中の木越洋。彼は1月にバッハの無伴奏チェロ組曲全曲のCDをリリースする。20年以上にわたって同作品の全曲演奏会を毎年開催してきたベテランにとっても初となる、まさ…

佐藤采香(ユーフォニアム)

ユーフォニアムの新たな地平を拓く逸材の2ndアルバムとライブステージ  ユーフォニアムの若きトップ奏者・佐藤采香が自身2枚目となるアルバム『軒下ランプ』をリリースする。レーベルは昨年末に始動した「MClassics」。  2018年の前作『Beans』はユーフォニアムのオリジナル作品に的を絞った1枚だったが、今回は半分…

水谷川優子(チェロ)& 黒田亜樹(ピアノ)

まさに変化自在! プリミティブで色彩感あふれるヴィラ=ロボスの世界  これまでも共演を重ねてきた水谷川優子と黒田亜樹によるデュオが、初めてCDをリリース。収録曲の「黒鳥の歌」にちなみ『ブラック・スワン』と題したアルバムで、アマゾンのように未知なる魅力を秘めたヴィラ=ロボスの世界をチェロとピアノで解きほぐす。 水谷川「チ…

小菅 優(ピアノ)

メッセージ性があり、愛に溢れるベートーヴェンで勇気を与えたい  もとは2020年に共演する予定だった小菅優とトヨタ・マスター・プレイヤーズ, ウィーン(TOMAS)。感染症の影響により残念ながら中止となったが、改めて21年3月に仕切り直しての日本公演が行われる。TOMASはウィーン・フィルのコンサートマスター、フォルク…

佐伯周子(ピアノ)

全曲に取り組んだことで見出したシューベルトの魅力  ピアニストの佐伯周子が、2021年より8年にわたる「ベーレンライター新シューベルト全集に拠るピアノソナタ全曲演奏会」(全8回)をスタートさせる。これは2028年シューベルト没後200年に向けた壮大なプロジェクトだ。佐伯はすでに04年から19年にかけて同新全集に典拠した…

黒田亜樹(ピアノ)

困難な今だからこそ! 10人のピアニストの熱き想いをオンラインで発信  イタリアを拠点に活動するピアニストの黒田亜樹。バロックから現代に至る幅広いレパートリーで国際的な演奏活動を展開し、指導者としても国際コンクールで目覚ましい成果を上げる生徒を次々と輩出している。2020年は新型コロナウイルスの影響により多くの音楽家が…

ヴィタリ・ユシュマノフ(バリトン)

美空ひばりの歌にちなむ新アルバムをリリース  日本を拠点にオペラやコンサートで活躍するロシア人バリトン、ヴィタリ・ユシュマノフ。この上なく日本を愛するヴィタリが、2018年に続いて2枚目の日本歌曲のアルバムをリリースする。タイトルは『「夢」探しながら』。 「私は美空ひばりさんが大好きなんですが、彼女の〈川の流れのように…

上原彩子(ピアノ)

二人の天才コンポーザー・ピアニストの佳品を味わう  上原彩子が、デビュー20周年の2022年に向けて行うリサイタルシリーズ。原点のロシア音楽ともう一人を組み合わせるというコンセプトのもと、Vol.2には、ラフマニノフとショパンを選んだ。ピアニストにとって重要な二人の作曲家だ。  まず決めた曲目は、ラフマニノフがショパン…