ニュース

11月の前売チケット情報

 11月号(10月18日発行)掲載の「前売チケット」ページはPDFでもご覧いただけます。  雑誌発行時の情報となり、内容や発売予定が変更になる場合がございます。  WEBぶらあぼ「ぶらあぼコンサート検索」では、順次最新情報を更新しておりますのでご利用ください。  →前売チケットページ(PDF)

第18回 東京国際音楽コンクール〈指揮〉結果発表と記者会見

優勝は沖澤のどか、女性で初めての第1位そして36年ぶりに日本人が上位独占  10月8日から14日まで東京オペラシティで「第18回 東京国際音楽コンクール〈指揮〉」が行われた。今回のコンクール、応募は42の国・地域より238名あり、9ヵ国18名が事前審査にパスし参加、第一次予選で8名に絞られ、第二次予選を通過した4名が本…

神奈川フィルハーモニー管弦楽団が2019/20年シーズン・ラインナップを発表

 神奈川フィルハーモニー管弦楽団が2019/20年シーズンのラインナップを発表した。9月25日に横浜市内で開かれた記者会見には常任指揮者・川瀬賢太郎も出席、自身の指揮するコンサートを中心に概要を説明した。  川瀬はまず2019年5月に横浜みなとみらいホール(MM)で、コンサートマスター石田泰尚独奏によるブロッホの協奏曲…

東京混声合唱団記者会見

 日本を代表する老舗プロ合唱団・東京混声合唱団(東混)が、来季からの新体制の発表会見を開いた。 (2018.9/10 東京・西早稲田 トーキョーコンサーツ・ラボ)  会見は音楽監督兼理事長の山田和樹が進行役を兼ねる形で、まず新常任指揮者就任の話題から。2013年に松原千振(現・正指揮者)が退任して以来空席だったポストに…

速報!読響が2019/2020シーズンプログラムを発表

 読売日本交響楽団が2019年度(19年4月〜20年3月)シーズンの日程とプログラム、出演者を発表した。新シーズンは、ドイツの名匠セバスティアン・ヴァイグレが第10代常任指揮者に就任、R.シュトラウス「英雄の生涯」、マーラーの交響曲第5番、ブラームスの交響曲第1番など王道のドイツ作品で読響の新たな時代の幕開けを告げる。…

リッカルド・ムーティ「イタリア・オペラ・アカデミー」現地レポート Part1

 来春15回目を迎える「東京・春・音楽祭ー東京のオペラの森ー」で、リッカルド・ムーティ「イタリア・オペラ・アカデミー in 東京」が開催される。東京での同アカデミーは2021年まで東京春祭の開催に合わせ、3年間にわたり行なわれる。  ムーティがイタリア・ラヴェンナで15年に立ち上げた「イタリア・オペラ・アカデミー」は今…

びわ湖ホール、マーラー「千人の交響曲」緊急特別公演開催について

 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールは、開館20周年記念として、この9月30日(日)に同ホール芸術監督・沼尻竜典の指揮でマーラー作曲、交響曲第8番「千人の交響曲」の公演を予定しているが、台風24号の接近に伴う影響を考慮し、前日の29日(土)に緊急特別公演として同曲を演奏することを発表した。9月30日の公演は、交通機関の影響で…

「ポーランド芸術祭 2019 in Japan」記者懇親会開催

 2019年に日本とポーランドが国交樹立100周年を迎えるのを記念して、「ポーランド芸術祭 2019 in Japan」が開催されることになり、9月21日、東京目黒区にあるポーランド大使館内にて記者懇親会が開催された。 (2018.9/21 ポーランド共和国大使館 Photo:I.Sugimura/Tokyo MDE)…

バイロイト音楽祭の「子どものためのワーグナー」レポート

音楽祭の新体制発足と同時にスタートしたユニークな企画  長年、バイロイトの「緑の丘」に演出家・プロデューサーとして君臨してきた巨匠の孫、ヴォルフガング・ワーグナーは、複雑なお家騒動の末に、2008年の音楽祭終了後、自身の二人の(腹違いの)娘であるエーファとカタリーナに後継を託した。ヴォルフガングは10年に逝去するが、エ…

10月の前売チケット情報

 10月号(9月18日発行)掲載の「前売チケット」ページはPDFでもご覧いただけます。  雑誌発行時の情報となり、内容や発売予定が変更になる場合がございます。  WEBぶらあぼ「ぶらあぼコンサート検索」では、順次最新情報を更新しておりますのでご利用ください。  →前売チケットページ(PDF)