ニュース

〜座間歌曲祭2020〜第4回日本歌曲コンクール開催

 日本歌曲に対する理解と普及を目指す、座間市スポーツ・文化振興財団と神奈川新聞社主催の「日本歌曲コンクール」が、2020年4月に開催される。第4回の応募要項が発表された。本コンクールは、プロ・アマ問わず広く出場者を募るところが大きな特徴で、第1次・第2次予選を経て、本選は4月19日にハーモニーホール座間で行われる。審査…

浜松国際ピアノアカデミー2020開催

 2020年3月に、アクトシティ浜松にて開催される「浜松国際ピアノアカデミー2020」の概要が発表された。世界的なピアニストの育成を目的とする同アカデミーは、故・中村紘子を音楽監督に迎え、1996年に始まり毎年開催されていたが、2016年の中村の逝去に伴い、17年にいったん終了していた。これまでに、チョ・ソンジン、牛田…

新日本フィルが2020/21シーズンプログラムを発表

 新日本フィルハーモニー交響楽団が2020/21シーズンの定期演奏会プログラム速報を発表した。音楽監督の上岡敏之は、ブルックナーの交響曲第8番で開幕を飾る(2020.9/3,9/6)。そのほか、ドビュッシー「海」やプーランク、デュカスの作品を組み合わせたフランス・プロ(10/30,10/31)、旬のソリストを迎えてのマ…

サラマンカホールが弦楽器貸与プロジェクトを始動

 今年、開館25周年を迎えたサラマンカホール(岐阜市)が、音楽家を目指す若者たち、さらなる研鑽を積む意欲ある弦楽器奏者たちの支援・育成を目的として、「ぎふ弦楽器貸与プロジェクト《STROAN》」を始動する。同ホールが愛知県在住の音楽愛好家から寄贈を受けた、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ計40挺を、弦楽器を学ぶ人たちに無…

読響が2020/21シーズンプログラムを発表

 読売日本交響楽団が2020/21のシーズンプログラムを発表した。常任指揮者セバスティアン・ヴァイグレ、首席客演指揮者山田和樹、指揮者/クリエイティヴ・パートナー鈴木優人の3人体制での最初のシーズン。ドイツの“王道プロ”を基本としながらも斬新さを加えた充実した構成となっている。  常任指揮者に就任して2年目となるヴァイ…

こども音楽フェスティバル 記者会見

 2020年7月17日から21日までの5日間、サントリーホールで開催される「こども音楽フェスティバル」の記者会見が11月12日、サントリーホール ブルーローズで行われた。登壇者はソニー音楽財団理事長・加藤優、サントリー芸術財団代表理事・堤剛の2名。 (2019.11/12 サントリーホール ブルーローズ Photo:M…

「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020」テーマ発表

 「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020」(LFJ)が2020年5月2日から5月4日の3日間の日程で開催されることが発表された。テーマは生誕250年にちなみ「Beethoven〜ベートーヴェン」。来年、日本上陸15周年を迎えるLFJが、05年の最初の年にテーマとしたのが「ベートーヴェンと仲間たち」だった。アーティス…

ジュネーヴ国際音楽コンクール作曲部門で髙木日向子が優勝

 ジュネーヴ国際音楽コンクールの作曲部門で、髙木日向子が優勝した。11月8日にステュディオ・エルネスト・アンセルメで行われたファイナルでは、髙木によるオーボエとアンサンブルのための「L’instant」ほか3名の作品が演奏され、審査員長のカイヤ・サーリアホほか、細川俊夫など5名の審査員により審査が行われた。  髙木は、…

日本音楽コンクール結果発表

 2019年度 第88回日本音楽コンクールの本選が10月23日から27日にかけて、東京オペラシティ コンサートホールで開催され、各部門の入賞者が発表された。結果は以下の通り。 【フルート】第1位 瀧本実里/第2位 石井希衣/第3位 山本 英(岩谷賞)/入選 知久 翔、内山貴博 【オーボエ】第1位 山本 楓/第2位 上原…

ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 記者会見

 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の記者会見が10月30日にポーランド大使館で開催された。今年は日本とポーランドの国交樹立100周年にあたり、「ポーランド芸術祭2019 in Japan」の一環として様々な催しが行われている。そのハイライトにあたるのがワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の公演だ。同楽団の音楽・…