ぶらあぼ2019年12月号

アンドレア・バッティストーニ(指揮)

アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン)

【TOP対談】クラウス・ハイマン(ナクソス・ミュージック・グループ会長)× 平井俊邦(日本フィルハーモニー交響楽団理事長)

ニュース

〜座間歌曲祭2020〜第4回日本歌曲コンクール開催

 日本歌曲に対する理解と普及を目指す、座間市スポーツ・文化振興財団と神奈川新聞社主催の「日本歌曲コンクール」が、2020年4月に開催される。第4回の応募要項が発表された。本コンクールは、プロ・アマ問わず広く出場者を募るところが大きな特徴で、第1次・第2次予選を経て、本選は4月19日にハーモニーホール座間で行われる。審査…

浜松国際ピアノアカデミー2020開催

 2020年3月に、アクトシティ浜松にて開催される「浜松国際ピアノアカデミー2020」の概要が発表された。世界的なピアニストの育成を目的とする同アカデミーは、故・中村紘子を音楽監督に迎え、1996年に始まり毎年開催されていたが、2016年の中村の逝去に伴い、17年にいったん終了していた。これまでに、チョ・ソンジン、牛田…

新日本フィルが2020/21シーズンプログラムを発表

 新日本フィルハーモニー交響楽団が2020/21シーズンの定期演奏会プログラム速報を発表した。音楽監督の上岡敏之は、ブルックナーの交響曲第8番で開幕を飾る(2020.9/3,9/6)。そのほか、ドビュッシー「海」やプーランク、デュカスの作品を組み合わせたフランス・プロ(10/30,10/31)、旬のソリストを迎えてのマ…

サラマンカホールが弦楽器貸与プロジェクトを始動

 今年、開館25周年を迎えたサラマンカホール(岐阜市)が、音楽家を目指す若者たち、さらなる研鑽を積む意欲ある弦楽器奏者たちの支援・育成を目的として、「ぎふ弦楽器貸与プロジェクト《STROAN》」を始動する。同ホールが愛知県在住の音楽愛好家から寄贈を受けた、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ計40挺を、弦楽器を学ぶ人たちに無…

トピックス

山形県総合文化芸術館が12月にプレオープン!

歴史都市の「文化の回廊」の中核  最上57万石、続いて鳥居24万石の城下町として栄えた山形。三重の堀が取り囲んだ奥羽最大の城の址は、旧二ノ丸が霞城公園として市民の憩いの場になり、江戸時代中期の東大手門が木造で忠実に復元されるなど古都山形の歴史と文化の薫りは以前にも増して色濃くなっている。  その霞城公園と同じ、山形駅の…

ジョナサン・ノットが語る東京交響楽団の新シーズン

 10月最初の週末に行なわれたミューザ川崎シンフォニーホール開館15周年記念公演《グレの歌》(シェーンベルク)で圧巻の熱演を聴かせたジョナサン・ノットと東京交響楽団。シェーンベルクの興奮の余韻が残るミューザ川崎シンフォニーホールで、東京交響楽団2020年度シーズン・ラインナップ記者会見が行なわれた。演目自体はすでに9月…

【レポート】武蔵野音楽大学 管弦楽団合唱団演奏会「荘厳ミサ曲」リハーサル取材

若い学生たちが巨匠のタクトで ベートーヴェン「荘厳ミサ曲」に挑む    今年創立90周年を迎えた武蔵野音楽学園。初期には武蔵野音楽学校として認可され、戦後には音楽大学音楽学部としていち早く設置認可されるなど、昭和初期から激動の時代を乗り越え、永く日本の音楽界の重要な礎となってきた学び舎であり、ここから巣立った名音楽家も…

【GPレポート】NISSAY OPERA 2019《トスカ》

イタリアの色彩のなかで激しさと美しさがバランスされた《トスカ》  《トスカ》には激しさと美しさが高い次元で同居している。主役3人がいずれも、わずか1日のうちに非業の死を遂げる、という劇的な展開は当然、音楽の激しさや強さにつながっている。歌手にも強靭な声が求められるが、一方で、近代的なオーケストレーションに支えられた美し…

インタビュー

アンドレア・バッティストーニ(指揮)

 この秋には東京に約1ヵ月半滞在したバッティストーニ。もはや彼の活動には日本での生活がしっかり組み込まれているようだ。 「さすがに、自分を日本人だと感じることはまだありませんが(笑)。でも、毎年長い期間を日本で過ごしているので、“お客さん気分”はどんどん少なくなっています。人々の暮らしに興味を持つようになり、日本文化を…

アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン)

 “ヴァイオリンの女王”アンネ=ゾフィー・ムターは、2019年10月、第31回高松宮殿下記念世界文化賞(音楽部門)を受賞した。これは絵画、建築など5部門で世界的芸術家に贈られる栄誉ある賞だ。 「世界を変えたさまざまなアーティストと同等の評価をしていただけたことに感動しています。特にこれまで受賞した女性音楽家、アルゲリッ…

【TOP対談】クラウス・ハイマン(ナクソス・ミュージック・グループ会長)× 平井俊邦(日本フィルハーモニー交響楽団理事長)

日本フィル、プラハ響、ドイツ放送フィルの首席指揮者を務め、世界に活躍の場を広げるピエタリ・インキネン。先日、彼が2020年のバイロイト音楽祭でワーグナーの大作《ニーベルングの指環》を指揮することが発表された。それを機に、インキネンの2種の『シベリウス:交響曲全集』(日本フィル、ニュージーランド響)などを世に送ったナクソ…

髙木凜々子(ヴァイオリン)& 實川 風(ピアノ)

 ヴァイオリンの髙木凜々子とピアノの實川風。11月、江戸川区総合文化センターの「フレッシュ名曲コンサート」に出演する。協奏曲の夕べだ。東京藝大を卒業したばかりの新星で、昨年の東京音楽コンクール第2位の髙木がブルッフを、2015年のロン=ティボー=クレスパン国際コンクール第3位(1位なし)の實川がチャイコフスキーを弾く。…

小㞍健太(ダンサー/振付家)

 難解と思われがちな現代音楽を、卓越した技術で親しみやすいコンサートとして紹介し、世界的に人気が高いアルディッティ弦楽四重奏団。そしてこれまた世界に冠たるオランダのNDT(ネザーランド・ダンス・シアター)で活躍したダンサー小㞍健太とのコラボレーションが神奈川県立音楽堂と愛知県芸術劇場で行われる。  曲目も非常に興味深い…

小菅 優(ピアノ)

 日本屈指の実力派ピアニスト・小菅優が「Wind」と題したリサイタルを行う。これは、「水・火・風・大地」の四元素をテーマにしたシリーズ「Four Elements」の3回目にあたる。 「ベートーヴェンのソナタ全集後の企画として、人間の原点を深く掘り下げるべく、このシリーズを始めました。元素の描写だけでなく、シンボルとし…

中木健二(チェロ)

人生で大切なことはすべてメネセスから学んだ  チェロの現代の巨匠アントニオ・メネセスが、日本のチェロ奏者7人と共演する。山崎伸子、向山佳絵子、中木健二、遠藤真理、辻本玲、伊東裕、佐藤晴真。メネセス門下でもある中木健二に聞いた。 「メネセス先生に出会ったのは2004年。シエナのキジアーナ音楽院のマスタークラスです。最初の…

山中惇史(ピアノ/作曲/編曲)

 2019年11月28日、浜離宮朝日ホールでピアノ・リサイタル「刻印された時、風景」を開く山中惇史。東京藝術大学音楽学部の作曲科、修士課程作曲専攻を修了し、29歳の現在は器楽科ピアノ専攻に在学中。「3度目の大学生活です」と笑う。来年をめどにパリへ留学、さらにピアノの腕に磨きをかけるという。  「あなたは作曲家ですか、ピ…

クリスティーナ・ランツハマー(ソプラノ)

 周囲を包み込む温かさと瑞々しい透明感を併せ持つ美声で、欧米のオペラや宗教作品の檜舞台で活躍するドイツの名ソプラノ、クリスティーナ・ランツハマー。13年ぶりとなる来日を果たし、「自分の本能から生まれた」というバロックから20世紀へ、イギリスからアメリカ、母国ドイツへと時空を超えてゆく歌曲のプログラムを披露する。  ミュ…

注目公演

ワレリー・ゲルギエフ(指揮) マリインスキー歌劇場管弦楽団

 いよいよ11月末から12月にかけて、ワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場による「チャイコフスキー・フェスティヴァル2019」が開催される。この音楽祭では、マリインスキー歌劇場管弦楽団によるコンサートも開かれ、チャイコフスキーのオーケストラ曲や協奏曲の魅力がたっぷりと伝えられる。  12月5日の公演で演奏される…

Japanese Bolero 2020 山下洋輔 × 林 英哲 × 森山開次

 ラヴェル作曲の「ボレロ」といえばオーケストラ・コンサートではおなじみの作品だが、オリジナルはバレエであり、時には和の装束をまとった舞やコンテンポラリー・ダンスとして踊られることも。常に斬新な動きによりダンスの新時代をリードし続けている森山開次がこの曲で踊ると聞けば、鳥肌が立つほど興奮するという人も多いのではないだろう…

東京・春・音楽祭2020の聴きどころ

 春の上野に欠かせない風物詩となった「東京・春・音楽祭」。2020年も趣向を凝らしたプログラムが組まれた。200公演以上のなかから、音楽祭のハイライトとなる公演をいくつかご紹介しよう。  まずは前回に続いて開催されるリッカルド・ムーティ「イタリア・オペラ・アカデミー in 東京」。巨匠ムーティが若い音楽家たちにイタリア…

ケルティック・クリスマス2019

 地球上にはいろいろな音楽がある。聴けばきっと面白いのに、きっかけがないとなかなか触れないものだ。ほんとうは自分で探すのが楽しいし、たまたまの出会いが貴重だけれど、かといっていきなり現地にケルト音楽を探しに行くのもたいへん。ラグビーワールドカップでジャパンがアイルランド、スコットランドといい試合をしたり、スタジアムや街…

角田鋼亮(指揮) 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

 豊かな音響とともに、舞台の出演者との一体感も味わえる、ティアラこうとう大ホール。東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団はこの会場で「ティアラこうとう定期演奏会」を開催、お手頃な価格で名作を楽しめる好シリーズとして親しまれている。  11月末には、今年からセントラル愛知交響楽団の常任指揮者を務めるなど、いま最も上り調子…

ダニエル・ハリトーノフ ピアノ・リサイタル2019「月光と革命」

 2015年、弱冠16歳にしてチャイコフスキー国際コンクールで第3位入賞を果たし、鮮烈な音色で世界中の聴衆を魅了しているロシアの俊英ピアニスト、ダニエル・ハリトーノフ。かつしかシンフォニーヒルズでのリサイタルで、ベートーヴェンとショパンの珠玉の名曲を紡ぎ上げる。  1998年、サハリン生まれ。7歳にしてモスクワ・フィル…

由美の部屋 〜旅するフルート〜Vol.2 池田理代子さんをお招きして 〜ベルサイユの夢、王宮の旅〜

 “聴く人を幸せな気持ちにするフルーティスト”として、第一線で活躍し続ける山形由美が、新たな音楽の楽しみ方を提案するコンサート・シリーズ「由美の部屋」。第2弾は、『ベルサイユのばら』など数々のヒット作を生んだ漫画家で、声楽家でもある池田理代子をゲストに迎え、煌びやかなフランス宮廷文化にスポットを当てる。  ステージは2…

エマニュエル・チェクナヴォリアン ヴァイオリン・リサイタル

 いまヨーロッパで引く手あまたの若手ヴァイオリニスト、エマニュエル・チェクナヴォリアン(1995年生まれ)が日本で初めてのリサイタル・ツアー(東京はHakuju Hall)を行う。2015年のシベリウス国際ヴァイオリン・コンクールで第2位とベスト・シベリウス演奏賞を受賞した実力派である。チェクナヴォリアンの名前に見覚え…

New Release Selection

【CD】ヴァイオリンとチターの出会い/ヴィルフリード・シャルフ&吉田美里

 ソリストとしてウィーン・フィルのニューイヤーに出演し、指導者としてはチターのクラスを開設してその技を伝えるなど、チターの第一人者として広く活躍するヴィルフリード・シャルフ。ウィーンで長く学んだヴァイオリニスト吉田美里と共に、ユニークなアルバムを完成した。両楽器の“出会い”は珍しいが、ウィーンをよく知る彼らの肩の力の抜…

【CD】ショパン:スケルツォ、即興曲/藤田真央

 藤田真央の新譜はショパン作品集。4つの即興曲と4つのスケルツォ、そして「演奏会用アレグロ」op.46という珍しい作品をアルバム中央に配した。透明感から深みまで多彩な音色を聴かせる即興曲、さりげなくコントラストの効いたテンポ設計のスケルツォ、白眉は何と言っても、勇壮さとロマンティシズムを併せ持ち、長大さをものともせず見…

【CD】アンコール!/ヴォルフガング・ダヴィッド&梯剛之

 ウィーンで育ったヴァイオリニストのヴォルフガング・ダヴィッドと、ピアニスト梯剛之による、5年にわたるライヴでのアンコール曲のみを集めたアルバム。拍手はすべてカットされているものの、演奏にはライヴの興趣があふれている。彼らは幼少期にウィーン国立音大準備科で学んだ共通点があり、そのルーツからか独特の自然な呼吸感が共有され…

【CD】カプースチン:ピアノ協奏曲 第5番、六重奏曲 他/川上昌裕

 日本を代表するカプースチンのスペシャリスト、川上昌裕によるピアノ作品全曲録音の第3弾である。今回はピアノ協奏曲と室内楽(全曲世界初録音)というプログラムであり、非常に歴史的価値の高い内容だ。もちろん、重要なのは曲目だけではない。川上はカプースチンの音楽に求められる躍動感あふれるリズム、次々に変化する楽想に対応し、多様…

デジタルマガジンeぶらあぼ