ニュース

東京交響楽団2019-20ラインナップ 決定

 東京交響楽団が2019年度の主催公演ラインナップを発表した。就任6年目のシーズンを迎える音楽監督ジョナサン・ノットは定期演奏会4公演、川崎定期演奏会2公演、東京オペラシティシリーズ2公演のほか、特別演奏会(『第九』公演)や「名曲全集」など計7演目12公演を指揮する。  今回もノットは面目躍如たる近現代と古典の両方をミ…

ローマ歌劇場記者会見

 開幕を4日後に控えた9月5日、ローマ歌劇場日本公演の記者会見が開催された。芸術監督のアレッシオ・ウラッド、《椿姫》指揮者のヤデル・ビニャミーニ、ヴィオレッタ役のフランチェスカ・ドット、アルフレード役のアントニオ・ポーリ、《マノン・レスコー》指揮者のドナート・レンツェッティ、演出家のキアラ・ムーティ、待望の初来日となっ…

東京・春・⾳楽祭で「子どものためのワーグナー」プロジェクトがスタート

 2019年に第15回を迎える「東京・春・音楽祭 —東京のオペラの森—」は、バイロイト音楽祭との提携で「子どものためのワーグナー」を同年より上演することを決定した。「バイロイト音楽祭2018」開幕前日に現地バイロイトで行われた記者会見で、総監督カタリーナ・ワーグナーより発表された。  「子どものためのワーグナー」はワー…

新国立劇場が大野和士オペラ芸術監督のもと開幕へ

 新国立劇場では10月、大野和士オペラ芸術監督による第1シーズンとなる2018/19シーズンがモーツァルトの《魔笛》(指揮:ローラント・ベーア)で開幕する。9月7日、同劇場にスタッフが集結し、稽古が始まった。 (2018.9/7 新国立劇場 Photo:寺司正彦)  立ち稽古に先立ち、大野監督が挨拶、続いて演出補のリュ…

9月の前売チケット情報

 9月号(8月18日発行)掲載の「前売チケット」ページがPDFでもご覧いただけるようになりました。  雑誌発行時の情報となり、内容や発売予定が変更になる場合がございます。  WEBぶらあぼ「ぶらあぼコンサート検索」では、順次最新情報を更新しておりますのでご利用ください。  →前売チケットページ(PDF)

坂田直樹が第28回芥川作曲賞を受賞

 第28回芥川作曲賞の選考会が8月26日に行われ、サントリーホールでの演奏会による公開選考の結果、坂田直樹の「組み合わされた風景」が受賞作に決定した。坂田には賞状と賞金50万円が贈られた。選考委員は、鈴木純明、野平一郎、菱沼尚子の3氏。  芥川作曲賞は、故・芥川也寸志の功績を記念してサントリー音楽財団(現・公益財団法人…

第42回ピティナ・ピアノコンペティションで角野隼斗がグランプリ

 今年で第42回を迎えた「ピティナ・ピアノコンペティション」(全日本ピアノ指導者協会 主催)の最上級部門「特級」のファイナル(審査員長:二宮裕子)が8/21にサントリーホール大ホールで開催され、角野隼斗(すみのはやと)がグランプリを獲得した。また、来場者の投票で決まる「聴衆賞」の第1位には古海行子(ふるみやすこ)が選ば…

世界初! ハイレゾ音源と4K映像を遠隔地へライブ配信

 パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)の一環として8月1日にサントリーホールで開催された「PMFオーケストラ東京公演」がハイレゾ音源(96kHz/24bit)と4K映像で、札幌のライブビューイング会場(六花亭札幌本店ふきのとうホール)へ生中継された。ハイレゾ音源と4K映像の遠隔地への同時ライブ配信の成功…

過去最大級の回顧展『没後50年 藤田嗣治展』が開幕

 日仏を舞台に活躍した画家・藤田嗣治の画業を展覧する過去最大級の回顧展『没後50年 藤田嗣治展』が10月8日まで、東京都美術館で開催されている。  WEBぶらあぼでは本展に読者限定5組10名様をご招待。  藤田嗣治(1886〜1968)は、モディリアーニやシャガールと並び、エコール・ド・パリの代表的な画家として知られる…

世界のトップダンサーが集結!〜『第15回世界バレエフェスティバル』会見

 世界の旬のトップダンサーが一堂に集まり開催されるバレエの祭典『世界バレエフェスティバル』(以降、WBF)。8月1日から2週間にわたり繰り広げられる祝祭を前に7月30日、髙橋典夫・日本舞台芸術振興会専務理事、特別協賛の株式会社コーセー 小林一俊・代表取締役社長、現時点で来日している出演ダンサー34名が登壇し、会見が行わ…