ニュース

令和元年春の叙勲・褒章が発表

 令和元年の春の叙勲・褒章が5月21日付けで発表された。例年4月29日に発令されているが、今年は新天皇の即位に伴い、日程が変更された。  外国人叙勲では、フレデリック・ショパン音楽大学教授のピオトル・パレチニ、ロシア国立アカデミー・ボリショイ劇場総支配人のウラジーミル・ゲオルギエヴィチ・ウーリンが、日本との文化交流の促…

第7回仙台国際音楽コンクール ピアノ部門 結果発表

 5月25日から6月9日にかけて行われていた第7回仙台国際音楽コンクールのピアノ部門(審査委員長:野島稔)の入賞者が決定した。結果は以下の通り。 第1位:チェ・ホンロク(韓国) 第2位:バロン・フェンウィク(アメリカ) 第3位:ダリア・パルホーメンコ(ロシア) 第4位:佐藤元洋(日本) 第5位:平間今日志郎(日本) 第…

日本フィルが今秋より「ベートーヴェン・ツィクルス」開催

 今年4月の日本フィルハーモニー交響楽団の第6回ヨーロッパ・ツアーを成功に導いた首席指揮者のピエタリ・インキネンが、記者会見でツアーや10月から取り組む「ベートーヴェン・ツィクルス」について語った。 「今回のツアーで、私と日本フィルとは最も密度の濃い時間を過ごすことができ、私たちは成長しました。ハードなスケジュールにも…

大江馨がレオポルト・モーツァルト国際ヴァイオリンコンクールで第3位入賞

 5月31日から6月8日にかけてドイツ、アウグスブルクで開催された第10回レオポルト・モーツァルト国際ヴァイオリンコンクールの本選が6月7日に行われ、日本の大江馨がモーツァルトのヴァイオリン協奏曲イ長調K.219とブラームスの同ニ長調を演奏して第3位に入賞し、併せてコンクール委嘱作品賞を受賞した。共演はミュンヘン放送管…

毛利文香がモントリオール国際音楽コンクールで第3位入賞

 5月29日から6月5日にかけてカナダのモントリオールで行われていたモントリオール国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で、毛利文香が第3位に入賞した。優勝はHao Zhou(アメリカ)。ヴァイオリン部門の審査委員には、審査委員長のザリン・メータのほか、ピエール・アモイヤル、キム・カシュカシャンなどが名を連ねる。  毛利…

【レポート】武満徹作曲賞 本選演奏会&授賞式

 今年で21回目となる武満徹作曲賞(主催:東京オペラシティ文化財団)の本選演奏会が、6月9日(日)の午後に開かれた。毎年たった一人の作曲家が審査するこのコンクールで今年、その任に当たったのは、いまや名実ともに現代フランスを代表する音楽家となったフィリップ・マヌリだ。  31ヵ国から集まった83もの応募作をマヌリが丹念に…

「武満徹作曲賞」受賞者決定!

 2019年度武満徹作曲賞 本選演奏会(審査員:フィリップ・マヌリ)が6月9日、東京オペラシティコンサートホールにて行われ(指揮:阿部加奈子、東京フィルハーモニー交響楽団)、受賞者が決定した。受賞者と作品は以下の通り。 【受賞者・作品】 第1位 シキ・ゲン(中国) 地平線からのレゾナンス (賞金100万円) 第1位 パ…

クラシック音楽・コンサートに関するアンケートのお願い

  読者の皆様、公演の主催者様およびアーティストの皆様へ ぶらあぼでは、今後の誌面およびサービス向上を目指して、アンケートを実施致します。 ご協力いただける方は以下にリンクされておりますアンケートフォームにてご回答を宜しくお願いいたします。   アンケートはこちらをクリック ※全体で4ページで所要時…

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 記者会見

 275年を超える歴史を誇り、通算25回目の日本ツアーを行うライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が来日し、5月28日に記者会見が行われた。  会見には、アンドリス・ネルソンス(ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 第21代カペルマイスター)、アンドレアス・シュルツ(ライプツィヒ・ゲヴァントハウス ジェネラル・ディレ…