ニュース

【追悼】アンドレ・プレヴィン(1929-2019)

 2月28日、ニューヨークにおいて指揮者・作曲家のアンドレ・プレヴィンが、90歳の誕生日を迎えることなくこの世を去った。プレヴィンは自らも認めるほど24時間を音楽に捧げているような人物だったので「音楽家」という称号がふさわしいだろう。来日の機会も多かったが、80歳のとき(2009年9月)にはNHK交響楽団の首席客演指揮…

ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019記者会見

 ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019(LFJ)の記者会見が2月15日、東京国際フォーラムで行われた。今回のテーマは「Carnets de voyage ─ボヤージュ 旅から生まれた音楽(ものがたり)」。  以下はLFJアーティスティック・ディレクター、ルネ・マルタンのコメント。 「今回のLFJで紹介する作曲家は…

マニュエル・ルグリ『Stars in Blue』まもなく開幕

 マニュエル・ルグリを中心とする世界最高峰のバレエダンサー4名と国内外で活躍する俊英音楽家が共演する「マニュエル・ルグリ『Stars in Blue』BALLET & MUSIC」(企画制作:愛知県芸術劇場)が、3月8日、9日の東京芸術劇場公演で幕を開け、大阪(3/11)、宮崎(3/14)、愛知(3/17)と…

近江の春 びわ湖クラシック音楽祭2019 プログラム発表会見

 今年のGWの開始に当たる4月27日と4月28日に、びわ湖ホールを主な会場として開催される「近江の春 びわ湖クラシック音楽祭2019」のプログラム発表会見が、2月20日に行われた。びわ湖ホール館長・山中隆、同芸術監督・沼尻竜典、同事業部長・馬淵英明が登壇した。 (2019.2/20 びわ湖ホール Photo:T.Shi…

第21回「別府アルゲリッチ音楽祭」記者発表

 ピアニストのマルタ・アルゲリッチを総監督、伊藤京子を総合プロデューサーに迎えて、大分県別府市を中心に毎年開催されている「別府アルゲリッチ音楽祭」の記者発表が、2月14日に都内で行われた。 (2019.2/14 大分県東京事務所県人会ホール Photo:I.Sugimura/Tokyo MDE)  同音楽祭は、1998…

【ゲネプロレポート】新国立劇場《紫苑物語》

平安を題材にした普遍的なファンタジー、ドリームチームが創り上げる新作オペラ  指揮者の大野和士が7代目の新国立劇場オペラ芸術監督に就任したのは2018年9月のこと。その大野が芸術監督として初めて新国立劇場のオーケストラピットに入ると話題になっているのが西村朗のオペラ《紫苑物語》だ。大野は、1シーズンおきに日本人作曲家に…

【速報】クルレンツィス×ムジカエテルナ 初来日記念トークセッション

 クルレンツィス×ムジカエテルナの初来日を記念して、メディア向けの「トークセッション」が、2019年2月12日に都内で開催された。  出席者は、テオドール・クルレンツィス(指揮)、パトリツィア・コパチンスカヤ(ヴァイオリン)、マルク・デ・モニー(ペルミ・オペラ・オペラバレエ劇場ゼネラル・プロデューサー兼ムジカエテルナ事…

調布国際音楽祭2019 記者会見

 調布市グリーンホールをメイン会場として、今年6月23日から30日にかけて開催される調布国際音楽祭の記者会見が行われ、同音楽祭エグゼクティブ・プロデューサーの鈴木優人、アソシエイト・プロデューサーの森下唯、調布市文化・コミュニティ振興財団常務理事の吉田育子が登壇した。 (2019.2/1 調布市文化会館たづくり Pho…

第20回 ホテルオークラ音楽賞受賞者決定

 ソプラノの小林沙羅とチェロの岡本侑也が第20回ホテルオークラ音楽賞の受賞者に決定した。同賞は、将来を嘱望される音楽家の支援・育成を目的として、ホテルオークラ東京が1996年に創設。毎年2組の音楽家を選出し賞を授与するとともに、受賞記念演奏会を開催している。  小林沙羅は、東京藝術大学及び同大学院修了。2010年から1…

新国立劇場2019/20シーズンラインアップを発表

 新国立劇場は1月17日、2019/20シーズンラインアップを発表した。登壇者は大野和士・オペラ芸術監督、大原永子・舞踊芸術監督、小川絵梨子・演劇芸術監督。大原舞踊芸術監督は任期最後のシーズンとなる。 (2019.1/17 新国立劇場 Photo:J.Otsuka/Tokyo MDE)  大野オペラ芸術監督2シーズン目…