Tag Archive for ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

樫本大進(ヴァイオリン)

“最強の”バロック・アンサンブルと共に  名門ベルリン・フィルの精鋭を中心に組織され、モダン楽器の特性を生かしつつ、ピリオド奏法を採り入れた鮮烈なサウンド創りで“最強のバロック・アンサンブル”とも称される「ベルリン・バロック・ゾリステン(BBS)」。初夏の日本で敢行するツアーのソリストには、ベルリン・フィル第1コンサー…

キリル・ペトレンコがベルリン・フィルのシーズン・ラインナップを発表

 今年8月、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任するキリル・ペトレンコが4月29日に記者会見を開き、就任最初の2019/20シーズンの内容を発表した。ペトレンコは39回のコンサートと5回のオペラ公演を行う。登壇する回数がやや少ないのは、バイエルン国立歌劇場の音楽総監督の任期(2019/20シーズンまで)…

樫本大進(ヴァイオリン)

ブラームスのコンチェルトを同門のインキネンと共演!  ソリストとして、またベルリン・フィルの第一コンサートマスターとして着実にキャリアを積み、大きな音楽家へと成長を遂げている樫本大進。最近国内ではソリストとして、2017年12月にフィリップ・ジョルダン指揮のウィーン交響楽団とメンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」を、今…

ベルリン・フィル自主レーベル記者会見

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の自主レーベル「ベルリン・フィル・レコーディングス」が、今秋・冬にリリースする新譜についての会見を11月5日に都内で行った。新譜はラトル指揮『マーラー 交響曲第6番』(首席指揮者としての最後の定期を収録)、ラトル指揮&内田光子独奏『ベートーヴェン ピアノ協奏曲全集』、そして『フルトヴ…

吉井瑞穂(オーボエ)

世界的に活躍する名手が古楽奏者との共演で聴かせるバロックの世界 昔からバロックは大好きだったんです  ベルリン・フィルのエキストラ奏者等を経て、現在はマーラー室内管弦楽団の首席の任にあり、これまでに共演した指揮者はアバド、ヴァント、アーノンクール、ラトル。その上、世界の名だたるホールでリサイタルやスター音楽家たちとの共…

横須賀芸術劇場リサイタル・シリーズ53 樫本大進(ヴァイオリン) & キリル・ゲルシュタイン(ピアノ) デュオ・リサイタル

精鋭二人のエキサイティングなデュオ  ベルリン・フィル第1コンサートマスターを務める樫本大進が、ロシア出身のピアニストのキリル・ゲルシュタインとともに、横須賀を舞台にデュオ・リサイタルを開く。曲は二人が拠点とするドイツ、そしてオーストリアの作曲家たちによる王道のプログラム。ベートーヴェンのソナタ第2番、ブラームスの第3…

ベルリン・フィルがCD「アジア・ツアー2017〜ライブ・フロム・サントリーホール」をリリース

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(以下BPO)が、2017年11月に行われたサイモン・ラトル指揮によるアジア・ツアーのライヴ音源を収録したボックスCDのリリースを前に、サントリーホール内で記者会見を行った。同フィル・メディア代表のオラフ・マニンガー(ソロ・チェロ奏者)、メディア子会社「ベルリン・フィル・メディア」取…

【会見レポ】サイモン・ラトル&ベルリン・フィル

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の来日にあわせ、同団の首席指揮者・芸術監督のサイモン・ラトルらが記者会見を行った。会見では、2016/17シーズンにアーティスト・イン・レジデンスを務めたジョン・アダムズの生誕70年を記念した自主レーベル「ジョン・アダムズ・エディション」や、「デジタル・コンサートホール」の4K/HD…

シュテファン・ドール(ホルン、アンサンブル・ウィーン=ベルリン)

多彩なプログラムでベストの音楽をお聴かせします  ベルリン・フィルの首席奏者およびソリストとして活躍するホルンの名手シュテファン・ドール。来日も多い中、今秋特に期待されるのは「アンサンブル・ウィーン=ベルリン」のツアーだ。同グループは、1983年にウィーン・フィルとベルリン・フィルの首席奏者によって結成された木管五重奏…

樫本大進(ヴァイオリン) & アレッシオ・バックス(ピアノ)

同世代デュオの直感が共鳴しあう特別の選曲  ソリストとして、室内楽奏者として、さらにはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の第1コンサートマスターとして、幅広く豊かな演奏活動を続けている樫本大進。その樫本が「互いに刺激を受けながら、その時にしか生まれない特別なもの」を生み出すパートナーとして選んだ、イタリアのピアニスト、…