Tag Archive for ピアノ・リサイタル

ニコラ・アンゲリッシュ ピアノ・リサイタル

熟成した深い音色美が引き立つドイツ王道プロ  1970年アメリカ生まれのニコラ・アンゲリッシュは、ピアノ好きの心を強くとらえるピアニストである。テクニックは安定し、長年熟成したレパートリーを組んで伝統的な演奏を聴かせ、しかも常に新しさを探求し、さらに弱音の美しさには定評がある。彼はパリ国立高等音楽院で学び、アルド・チッ…

ルドルフ・ブッフビンダー ピアノ・リサイタル

“ラディカル”なウィーンの巨匠、渾身のベートーヴェン  著名アーティストは世界の大都市に定期的に招かれているものだが、そんな時代にあってもブッフビンダーの名はウィーンと切り離せない。ハイドン、モーツァルト、ブラームス、そして何といってもベートーヴェンというこの音楽の都で活躍した作曲家をレパートリーの柱にし、厳しい耳を持…

横山幸雄 ピアノ・リサイタル ベートーヴェン・プラス Vol.6

目指すはベートーヴェン全曲という名の“頂”  日本を代表するピアニストの一人であり、その圧倒的な演奏、他の追随を許さない意欲的な企画によって常に聴衆に驚きを与えてきた横山幸雄。2011年のデビュー20周年にはショパンのピアノ独奏曲全曲演奏を行い、ギネス世界記録に認定されたが、それからも彼は歩みを止めることなく積極的な演…

小川典子ピアノ・リサイタル 「ミューザと歩んだ15年」

15年の軌跡を思い出の楽曲と共に振り返る  英国と日本を拠点に世界的に活躍するピアニスト小川典子。ミューザ川崎シンフォニーホールのホールアドバイザーとして、これまで多彩な企画・演奏で多くの聴衆を魅了してきた。オール・ピアノ・コンチェルトのコンサートをはじめ、ベートーヴェンやモーツァルト、そしてドビュッシーの作品を集めた…

雄大と行く昼の音楽さんぽ 第19回 福間洸太朗 ピアノ・リサイタル

憂いと詩情、そして“軽やかさ”で魅了  ベルリンを拠点に、国内外でリサイタルや一線楽団との共演を重ねる若手実力派ピアニスト、福間洸太朗。パリ国立高等音楽院やベルリン芸大に学び、弱冠20歳でクリーヴランド国際コンクールを制した。近年はスイスのフィギュアスケーター、ステファン・ランビエールとラヴェル「ラ・ヴァルス」を通じて…

シュテファン・ヴラダー(ピアノ)

指揮経験を経て、ピアニストとして更なる高みへ  ウィーンに生まれ、オーストリアを代表する音楽家として国際舞台で幅広い活動を展開しているシュテファン・ヴラダー。1985年にベートーヴェン国際ピアノ・コンクールで優勝の栄冠に輝いてからピアニストとして活躍していたが、やがて指揮者としても活動の場が増え、2008年にはウィーン…

第488回日経ミューズサロン ホアキン・アチュカロ ピアノ・リサイタル

圧倒的な存在感と伝統に根ざしたピアニズム  1932年スペインのビルバオに生まれ、ヨーロッパ各地の国際コンクールで数々の賞を獲得し、59年に英国で行われたリヴァプール国際コンクールで優勝して以来、各地のコンサートホールで演奏を続けているホアキン・アチュカロ。指揮者のサイモン・ラトルは「アチュカロが創り出す非常に独特な音…

外山啓介(ピアノ)

自由闊達な雰囲気をまとった外山啓介、心身の充実を音から受けとる  2007年のCDデビュー以来、活発な活動を行っている外山啓介が「バッハ〜ベートーヴェン〜ショパン」と題したリサイタルを開く。 「ショパンのエチュードは何曲か演奏していますが、全曲通して演奏するのは初めて。いまようやく自分が取り組むべき時期が来たと思って挑…

松田華音 ピアノ・リサイタル

ロシアで培った比類なき音楽性にいっそうの磨きがかかる  松田華音は4歳からピアノをはじめ、6歳のとき、教室を訪れたロシアの音楽学校の先生の目に留まって、母親とともにモスクワへ渡った。翌年、モスクワ市立グネーシン記念中等(高等)音楽専門学校ピアノ科に首席入学。音楽だけでなく全教科にわたる総合教育を受け、いずれにも好成績を…

ミハイル・プレトニョフ(ピアノ)

ベートーヴェン、リストからプレトニョフへ 再び、ピアノを弾くことの喜びを  「ピアニスト=プレトニョフの時代は、ほぼ終わりました」。2012年夏、ロシア・ナショナル管弦楽団を率いて来日したミハイル・プレトニョフは静かに、きっぱりとそう語っていた。一時代を画すほどの名手が──という聴き手の嘆きはしかし、その翌年には晴らさ…