横須賀芸術劇場リサイタル・シリーズ57 ラファウ・ブレハッチ ピアノ・リサイタル

ショパン・コンクールで完全優勝を遂げた名手による貴重なリサイタル

C)Marco Borggreve

 繊細そうな雰囲気を漂わせていた初来日の頃から16年。来日のたびにますます確信に満ちた演奏を聴かせるブレハッチが、横須賀芸術劇場リサイタル・シリーズに出演する。

 プログラムには、古典派からロマン派にわたる、ピアニストにとって大切な作曲家のソナタや小品が並ぶ。モーツァルトのロンドK.511やソナタ第8番K.310、ベートーヴェンのソナタ第28番、シューマンのソナタ第2番では、優しい表現の中に、力強さ、情熱が宿った音楽で、今のブレハッチの多様な側面を聴くことができそう。

 そして、2005年のショパン・コンクールに優勝した後も幅広くレパートリーを広げてきた彼とはいえ、やはりそのショパンは格別だ。特に「4つのマズルカ」op.24では、懐かしい風景を回想するような心情を存分に味わえるだろう。

 約1年半ぶりの来日となる今回、東京都内のホールで彼の演奏が行われるのはコンチェルト公演のみなので、ソロを聴ける貴重なステージとなる。
文:高坂はる香
(ぶらあぼ2019年7月号より)

2019.11/17(日)15:00 よこすか芸術劇場
問:横須賀芸術劇場046-823-9999
https://www.yokosuka-arts.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]