ジャン・チャクムル ピアノ・リサイタル

ベーゼンドルファーで聴くシューベルトの「白鳥の歌」

C)浜松国際ピアノコンクール

 2018年浜松国際ピアノコンクールの覇者、1997年トルコ生まれのジャン・チャクムル。自由で新鮮な音楽の持ち主である彼は、優勝をきっかけに演奏活動の場を広げ、先々でファンを増やしている。歴代優勝者の中でも、そのタイトルを糧に抜群に良いスタートを切った。

 今度のHakuju Hall公演では、彼の美点が生かされる個性的なプログラムが披露される。冒頭はスカルラッティ。「舞台で感じるままに装飾して演奏できるバロック音楽が大好き」という彼がその場で生み出す音楽に、大いに期待できそうだ。

 そして、大学の友人だという作曲家E.ドメネクによる「白鳥の歌への前奏曲」に続くのが、メインとなる、シューベルトの歌曲集「白鳥の歌」のリストによる編曲作品。彼が特別に敬愛しているというシューベルトの心情に寄り添った音楽を聴くことができるだろう。使用ピアノが、ウィーンの老舗、ベーゼンドルファーの新モデル280VCだというところも楽しみだ。
文:高坂はる香
(ぶらあぼ2020年1月号より)

2020.2/4(火)19:00 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700 
https://www.hakujuhall.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]