ジャン・チャクムル ピアノ・リサイタル

ベーゼンドルファーで聴くシューベルトの「白鳥の歌」

C)浜松国際ピアノコンクール

 2018年浜松国際ピアノコンクールの覇者、1997年トルコ生まれのジャン・チャクムル。自由で新鮮な音楽の持ち主である彼は、優勝をきっかけに演奏活動の場を広げ、先々でファンを増やしている。歴代優勝者の中でも、そのタイトルを糧に抜群に良いスタートを切った。

 今度のHakuju Hall公演では、彼の美点が生かされる個性的なプログラムが披露される。冒頭はスカルラッティ。「舞台で感じるままに装飾して演奏できるバロック音楽が大好き」という彼がその場で生み出す音楽に、大いに期待できそうだ。

 そして、大学の友人だという作曲家E.ドメネクによる「白鳥の歌への前奏曲」に続くのが、メインとなる、シューベルトの歌曲集「白鳥の歌」のリストによる編曲作品。彼が特別に敬愛しているというシューベルトの心情に寄り添った音楽を聴くことができるだろう。使用ピアノが、ウィーンの老舗、ベーゼンドルファーの新モデル280VCだというところも楽しみだ。
文:高坂はる香
(ぶらあぼ2020年1月号より)

2020.2/4(火)19:00 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700 
https://www.hakujuhall.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]