第150回 リクライニング・コンサート 中野翔太 ピアノ・リサイタル

俊英のボーダーレスな感性を存分に味わう

©Yuuji

 音楽ホールとして、初めてリクライニングが可能なシートを設置したHakuju Hallが、2003年の開館直後に始めた「リクライニング・コンサート」。ゆったりと寛ぎながら名演が楽しめるという、新たな音楽との付き合い方を提案し、聴衆からは「普段は気づかない音を発見できる」と好評を得て、このたび150回目を迎える。

 その節目には、クラシックを土台としつつ、ボーダーレスな活躍を続ける多才の俊英ピアニスト、中野翔太が登場する。ジュリアード音楽院に学び、ヴァイオリンの巨匠イツァーク・パ―ルマンに室内楽を師事。リサイタル活動や国内外の一線楽団と共演の一方、ジャズ・ピアニストの松永貴志とのデュオや作・編曲なども手掛ける。

 今回のステージでは、モーツァルト「幻想曲ニ短調」やラヴェル「水の戯れ」、ケージ「ある風景の中で」から、ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」「サマータイム」、ピアソラ「リベルタンゴ」まで、自身による編曲も交え彩り豊かに披露する。極上の時間が約束されている。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年11月号より)

2019.11/21(木)15:00 19:30 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700
https://www.hakujuhall.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]