原田英代ピアノ・リサイタル 第4回〈統一〉

ドイツとロシアの作品解釈を演奏とレクチャーで深く掘り下げる

C)Uwe Arens

 原田英代はジュネーヴ国際コンクール最高位、シューベルト国際ピアノコンクール優勝などの入賞歴を誇り、現在はドイツを拠点に活躍するピアニスト。ロシア・ピアニズムの神髄を伝える伝説的指導者、ヴィクトル・メルジャーノフの薫陶を受けた彼女はロシア音楽の正当な継承者であり、国際的な演奏活動や幅広い見識を活かしたレクチャーなどでそれを広く伝えている。

 そんな原田が2017年からHakuju Hallで行っているコンサートシリーズの第4回のテーマは「統一」。ロシアの作曲家たちにも多大な影響を与えたベートーヴェン(ピアノ・ソナタ第31番)とシューマン(「ダヴィッド同盟舞曲集」)で開始し、ロシアの精神と西洋音楽を融合させた作曲家であるチャイコフスキー(「四季」)とラフマニノフ(ピアノ・ソナタ第2番)へと続いていく。ドイツ“的”な音楽とロシア“的”な音楽の違いは何か…それが示されるリサイタルとなるだろう。リサイタルの4日前に開催されるレクチャーにも注目だ。
文:長井進之介
(ぶらあぼ2020年2月号より)

*新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、レクチャーおよびリサイタルは中止となりました。
詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。

レクチャー 
2020.3/13(金)19:00 白寿生科学研究所 本社ビル2階・大研修室
リサイタル 
3/17(火)19:00 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700 
https://www.hakujuhall.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]