Tag Archive for チェロ

トビアス・ヴァン・デア・パルス(チェロ) & 崔 文洙(ヴァイオリン)

音楽史に埋もれた作曲家の出世作を新日本フィルが日本初演!  4月17、18日、すみだトリフォニーホールで上岡敏之指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団により、レオポルド・ヴァン・デア・パルス(1884-1966)の交響曲第1番が日本初演される。公演を前に、作曲者の兄弟のひ孫で、チェリストのトビアス・ヴァン・デア・パルスが…

ヨーヨー・マ(チェロ) バッハプロジェクト

無伴奏チェロ組曲に平和への祈りをこめて 「この分裂の時代にあって、文化が生み出す共通の理解こそ、私たちを“ワンワールド”として結び付け、人類全体に恩恵をもたらす、政治的・経済的な決断へ導くことができます。私たちは皆、文化的な存在なのです。文化が我々をどう結びつけ、より良い未来を築くのに役立つのか、共に探究しましょう」 …

東京オペラシティ B→C 山澤 慧(チェロ)

無伴奏チェロの未来へと続く旅路  バッハとコンテンポラリーをつなぐ「東京オペラシティB→C」シリーズにチェロの山澤慧が登場。藝大フィルハーモニア管首席奏者などをはじめ、オケとソロ両面で活躍する山澤は、現代ものの演奏力を競う「競楽XI」で優勝後、ドイツに渡って現代音楽シーンの最前線に飛び込み、現在は20世紀以降の無伴奏作…

0歳児とおでかけ! 応援プロジェクト

 2020年1月10日、東京オペラシティ コンサートホールのホワイエで「0歳児とおでかけ! 応援プロジェクト 〜長谷川陽子の包み込まれるチェロの音色を親子で聴こう〜」と銘打ったコンサートが開催される。毎日の家事と子育てに追われている保護者に癒しの時間を提供し、少しでも息抜きになるようにとの想いから生まれた企画だ。初めて…

川久保賜紀(ヴァイオリン) 遠藤真理(チェロ) 三浦友理枝(ピアノ)トリオ

各々の個性を持ち寄り、ともに歩んできた10年  川久保賜紀、遠藤真理、三浦友理枝がトリオとしての活動を始めて10年。節目となる今年はショスタコーヴィチと坂本龍一を取り上げて記念コンサートを行うほか、10年ぶりに新譜2タイトルもリリースする。 川久保「初めての録音の時は、お互いに違うところ、共通するところがまだわからなか…

佐藤晴真(チェロ)

ミュンヘン国際音楽コンクール優勝!世界へと羽ばたいた逸材が満を持してデビュー  先ごろ、難関として知られるミュンヘン国際音楽コンクールに日本人として初めての優勝を果たしたチェロの佐藤晴真が、紀尾井ホールでリサイタルを開く。本格デビューと位置付けられていたリサイタルだが、コンクールの結果を受けて、期せずして凱旋公演となっ…

中木健二(チェロ)

巨匠と様々な世代のチェリストが活躍する一期一会のアンサンブル 人生で大切なことはすべてメネセスから学んだ  チェロの現代の巨匠アントニオ・メネセスが、日本のチェロ奏者7人と共演する。山崎伸子、向山佳絵子、中木健二、遠藤真理、辻本玲、伊東裕、佐藤晴真。メネセス門下でもある中木健二に聞いた。 「メネセス先生に出会ったのは2…

印田千裕(ヴァイオリン)& 印田陽介(チェロ)

知られざるデュオ作品の奥深き世界を追い求めて  ヴァイオリンとチェロといえば弦楽器の女王と王様のような花形だけれど、この2本の楽器だけの二重奏にフォーカスして活動しているデュオは珍しい。東京藝大卒業後に英国王立音楽院で学んだ印田千裕と、同じく藝大からプラハ音楽院に留学した陽介の姉弟。2012年から毎年開いているリサイタ…

堤 剛(チェロ)& 萩原麻未(ピアノ)

デュオとしての成熟度をさらに高めた二人が名曲に新たな地平を拓く  2017年5月、フランク、R.シュトラウス、三善晃の作品を収録したCDで共演し、各地でのコンサートで音楽を共有してきた堤剛&萩原麻未デュオ。チェロとピアノによる絶妙なバランスを成立させ、さまざまなレパートリー拡大に期待を抱かせた2人だが、この10月25日…

海野幹雄(チェロ)

“歌うチェロ”が心に響く  チェリストの海野幹雄が2008年から続けてきたリサイタル・シリーズが今年で12回目を迎える。昨年の第11回からはイギリスの作曲家ブリテンの3曲ある「無伴奏チェロ組曲」を1曲ずつ取り上げる企画がスタートし、今年はその第2番が演奏される。 「昨年は後期ロマン派から近代までをテーマに、第1番のイメ…