Tag Archive for 岡本侑也

大田区民ホール・アプリコ開館20周年記念事業 都響 × アプリコ 小林研一郎 哀愁のドヴォルザーク

ホールを満たすマエストロの熱きサウンド  蒲田駅(JR・東急)から徒歩数分という好立地にある「大田区民ホール・アプリコ」が、今年開館20周年を迎えた。大・小ホールに展示室やスタジオも併設し、大田区民にとどまらず多くの利用者がいる文化施設である。なかでも大ホールは、聴衆にも演奏者にも評価の高い豊かな音響をもち、名演奏家を…

紀尾井ホール 2018年度後半の主催コンサート

ブルックナー、マーラーや室内楽など多彩な演目が続々と登場  室内楽やリサイタルに最適な音響空間を誇る紀尾井ホール。今年度後半も意欲的な公演が続く。  まず注目したいのは11月8日の「竹澤恭子 ヴァイオリン・リサイタル」。デビュー30周年を迎えた実力者が、10年ぶりに紀尾井ホールに登場する。プログラムはベートーヴェンのヴ…

第28回 出光音楽賞の受賞者が決定

 第28回出光音楽賞の受賞者が決定した。同賞は主にクラシックの音楽活動を対象に育成という観点から素質、将来性などに重きを置き、新進音楽家を顕彰している。受賞者は以下のとおり。(五十音順) ◎上野耕平(サクソフォン) 第28回日本管打楽器コンクールサクソフォーン部門第1位ならびに特別大賞、第6回アドルフ・サックス国際コン…

飯森範親(指揮) 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

話題の新鋭チェリストも登場する期待のチャイコフスキー・プロ  東京シティ・フィルの定期演奏会に飯森範親が客演し、オール・チャイコフスキー・プログラムを指揮する。  注目は、「ロココの主題による変奏曲」でチェロ独奏を務める岡本侑也。今年5月から6月にかけて開催されたエリーザベト王妃国際音楽コンクール・チェロ部門で第2位を…

尾高忠明(指揮) 東京フィルハーモニー交響楽団

信頼関係がもたらす、精緻な抒情と躍動  東京フィルの今期の定期演奏会は、ポストをもった外国人指揮者が大半を受け持つ。そこに“割って入る”稀少な邦人指揮者の一人が尾高忠明だ。それは長年の信頼関係あってこそ。彼は1974年から91年まで同楽団の常任指揮者を務め、桂冠指揮者となった91年以降も定期や特別演奏会の常連となってい…

紀尾井 明日への扉5 岡本侑也(チェロ)

フレッシュな感性が冴える個性的な演目  近年、才能溢れる若手実力派を続々と輩出している日本のチェロ界。2011年に若干17歳で日本音楽コンクールを制し、現在ミュンへン音大に留学中の岡本侑也もそんな有望株の一人だ。  当公演は、今注目の若手に光をあてる人気シリーズの第5回。演目には、19世紀ドイツ(ベートーヴェン「ソナタ…

第19回 江副記念財団コンサート

みずみずしい才能が集結  江副記念財団は、未来を担う若い芸術家育成のために、リクルート創業者で今年2月に死去した江副浩正氏が設立した。このコンサートでは、財団の支援のもと、国内外での1年間の研鑽を重ねたアーティストたちが、聴衆と天上の江副氏に、その成果を報告。かつての若き起業家の夢は、美しい調べに形を変え、着実に花を咲…