ニュース・トピックス

茂木宏文が第27回芥川作曲賞を受賞

 第27回芥川作曲賞の選考会が9月2日に行われ、演奏会による公開選考の結果、茂木宏文の「不思議な言葉でお話しましょ!」が受賞作に決定した。茂木には、賞状と賞金50万円が授与された。選考委員は酒井健治、西村朗、山内雅弘の3名。  芥川作曲賞は、故・芥川也寸志の功績を記念してサントリー音楽財団(現・公益財団法人 サントリー…

【会見レポート】東京バレエ団が20世紀三大巨匠の傑作をまもなく上演!

 東京バレエ団は9月8日より10日まで『〈20世紀の傑作バレエ〉ープティ/ベジャール/キリアン』を上演する。初日まで一週間を切った9月1日、同団初演となるローラン・プティ振付『アルルの女』に出演する上野水香とゲスト・アーティストのロベルト・ボッレ(ミラノ・スカラ座バレエ団エトワール)が出席し、記者懇親会を行った。 (2…

サントリーホールがリニューアルオープン

 今年の2月から7ヵ月間にわたり全館改修工事を行っていたサントリーホールが、9月1日にリニューアルオープンを迎える。それに先立ち、報道関係者を対象とした内覧会が8月29日に行われた。 (2017.8.29 サントリーホール Photo:M.Otsuka/Tokyo MDE)  今回の工事では、大ホール舞台床板の全面張替…

勅使川原三郎にフランス芸術文化勲章「オフィシエ」

 振付家・ダンサーの勅使川原三郎が、フランス文化省よりフランス芸術文化勲章「オフィシエ」を受章した。8月24日、東京芸術劇場で上演された新作『月に吠える』初日終演後、舞台上で叙勲伝達式が行われ、フランス大使館のピエール・コリオ文化参事官より勲章が授与された。 (2017.8/24 東京芸術劇場プレイハウス Photo:…

【GPレポート】びわ湖ホール コミック・オペラ《ミカド》

 8月26、27日、新国立劇場でギルバート&サリヴァンのコミック・オペラ《ミカド》が上演される。同劇場が平成17年度から行っている“現代舞台芸術に関する地域交流”事業「地域招聘公演」としてびわ湖ホールが上演する。指揮は園田隆一郎、演出・訳詞は中村敬一。  これに先立ち、去る8月3日、びわ湖ホールで行われた「…

【座談会】オペラ《セヴィリアの理髪師の結婚》を語る

 「劇作家ボーマルシェの連作にもとづいたロッシーニ《セヴィリアの理髪師》とモーツァルト《フィガロの結婚》を関連づけ、上演機会が極めて少ない原作の戯曲に改めて光を当てつつ、オペラとしての音楽の魅力もあわせて表現したい」・・・  昨春クラシック音楽界の話題をさらったオペラ《セヴィリアの理髪師の結婚》が今月26、27日、待望…

【ご招待】ハーモニーホールふくい 開館20周年記念 越のルビー音楽祭スペシャル

アーティストと学生たちの協働による新作初演 「未来の動物の謝肉祭」 「世界の非常に美しい25のホール」にも選ばれた優れた音響を誇るホール  福井市の中心街より電車で15分ほど離れたのどかな田園風景の中に、突如現れる特徴的な大きな2つの屋根。それが、パイプオルガンが設置された1456席の大ホールと室内楽などに最適な610…

ラン・ランと真鍋大度with Rhizomatiks Researchが特別公演

 11月27日(月)、東京国際フォーラム ホールAでピアニストのラン・ランと、メディアアーティストの真鍋大度とのコラボレーションによる特別公演が開催される。  キャッチフレーズは「このステージは、未来から届く。」  クラシック音楽界を代表する世界的ピアニストでありながら、METALLICA、Pharrell Willi…

【稽古場レポート】びわ湖ホール コミック・オペラ《ミカド》

 8月にびわ湖ホールと新国立劇場でギルバート&サリヴァンのコミック・オペラ《ミカド》が上演される。本公演に向けてすでにオーケストラ練習、舞台稽古へと進んでいるが、去る7月中旬、びわ湖ホールリハーサル室を訪ね、稽古の様子を取材した。 (2017.7.14 びわ湖ホールリハーサル室 Photo:M.Terashi/Toky…

【読者プレゼント】METライブビューイング アンコール上映

 世界最高峰の歌劇場のひとつとして知られる、メトロポリタン・オペラ(MET)の最新公演を映画館で堪能できる「METライブビューイング」。さきごろ発表された2017/18新シーズンのラインナップには《魔笛》《ラ・ボエーム》などの人気演目に加え、新演出の《ノルマ》《トスカ》《コジ・ファン・トゥッテ》、MET初演となる《皆殺…