ニュース・トピックス

『池袋ウエストゲートパーク』が舞台化、ストリートダンスカンパニー募集

 『池袋ウエストゲートパーク Song and Dance』が、12月23日から1月14日まで東京芸術劇場 シアターウエストで、1月19日から21日まで兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールで上演される。  『池袋ウエストゲートパーク Song and Dance』は、石田衣良の代表作で、2000年に宮藤官九郎が脚本を手…

第48回サントリー音楽賞・第16回佐治敬三賞贈賞式

 2016年度のサントリー音楽賞および佐治敬三賞の贈賞式が6月26日に都内で行われ、第48回サントリー音楽賞を受賞したピアニストの小菅優と、第16回佐治敬三賞を受賞した雅楽演奏団体「伶楽舎」のメンバーが出席した。 (2017.6/26 東京都内 Photo:J.Otsuka/Tokyo MDE)  ベートーヴェンのピア…

井上道義が語る、バーンスタイン「ミサ」

 7月14、15日、大阪国際フェスティバルで、レナード・バーンスタインの「ミサ」(1971)が国内では23年ぶりに上演される。指揮は井上道義。  「歌手、演奏者、ダンサーのためのシアター・ピース」という副題を持つこの作品は、オーケストラ、合唱のほか、18人の独唱者、児童合唱、ロックバンド、ブルースバンド、ダンサーなどを…

エリシュカが今年10月、日本での最後の指揮台へ

 札幌交響楽団(札響)名誉指揮者のラドミル・エリシュカが、今年10月の札響との定期演奏会を、最後の来日公演とすることを決断した。22日、札響が発表した。去る3月14日に札響東京公演を指揮したエリシュカが、チェコへ帰国後に体調を崩し、主治医の判断で今後の日本などへの長旅を止められたことによるものとしている。  しかし、エ…

浅草オペラ100年記念「ああ夢の街 浅草!」制作記者会見

 大正時代に一世を風靡した「浅草オペラ」の初演から今年で100年となるのを記念して、10月4日〜30日に浅草エリアの3会場で行われる「歌と活弁士で誘う ああ夢の街 浅草! 〜すべてはここから始まった〜」の制作記者会見が、6月14日に都内で行われた。 (2017.6/14 浅草東洋館 Photo:M.Otsuka/Tok…

映画監督・河瀨直美がオペラ初演出!〜全国共同制作プロジェクト プッチーニ:歌劇《トスカ》

 10月の新潟公演を皮切りに、全国5都市で上演される全国共同制作プロジェクト プッチーニ:歌劇《トスカ》(新演出)。6月16日東京都内で、演出の河瀨直美、指揮の広上淳一が囲み取材に応じた。 (2017.6/16 東京都内 撮影:青柳 聡)  カンヌ国際映画祭審査員特別大賞グランプリを受賞する等、日本が世界に誇る映画監督…

ハンディを乗り越えたドイツのホルン奏者が初来日

 “両腕のないホルン奏者”としてヨーロッパで大きな話題を巻き起こしているフェリックス・クリーザーが初来日し、6月13日に都内で報道関係者やホルン関係者を対象とした「トークライブ&セッション」(主催:日本ホルン協会)を行った。  1991年ドイツのゲッティンゲン生まれ。生まれつき両腕がなかったが、わずか4歳の時に自らの意…

ウィーンで亡命音楽家に関する展示が開催

〜エクシール・アルテ・センター設立記念展示  ウィーン国立音楽大学エクシール・アルテ・センター(exil.arte Zentrum)で、同館設立を記念した展示『作曲をするとき、私の心はウィーンに帰る』が行われている。入場無料。  同館は亡命音楽家研究の拠点として設立され、今春の東京・春・音楽祭2017で、東京春祭ディス…

日生劇場がオペラ《ルサルカ》関連イベントを無料開催

 今年11月、日生劇場で山田和樹指揮、宮城聰演出によるNISSAYOPERA2017オペラ《ルサルカ》が上演される。  本公演に先がけ、同劇場では関連コンサートとレクチャーを行う。  第1弾は6月14日(水)、「オペラ・オードブル・コンサートvol.5月に寄せる歌」と題し、オペラ公演でルサルカ役を歌う田崎尚美らによる無…

【会見レポート】スヴェトラーナ・ザハーロワ『アモーレ』が9月、日本初演〜『トランス=シベリア芸術祭 in Japan 2017』

 ロシアの芸術文化海外発信プロジェクト「ロシアン・シーズン」および『トランス=シベリア芸術祭 in Japan 2017』の記者会見が、先頃ロシア大使館で開催された。会見にはロシア連邦副首相のオリガ・ゴロジェツ、ボリショイ劇場総裁のウラジーミル・ウーリン、ヴァイオリニストのヴァディム・レーピン、ボリショイ・バレエ プリ…