Tag Archive for 鈴木優人

調布音楽祭2016

深大寺での古楽演奏からジャズまで多彩な内容  4年目を迎え、開催期間を昨年の4日間から5日間に拡大し、ますます発展を続けている「調布音楽祭」。エグゼクティブ・プロデューサーを務め、自ら指揮、鍵盤楽器演奏、トークも手掛ける、鈴木優人に今年の「調布音楽祭」について聞いた。  調布市文化・コミュニティ振興財団と相互協力提携を…

鈴木雅明(指揮)

ルターとバッハの出会い  世界的に活躍するバッハ演奏家・鈴木雅明が主宰するバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)新シーズンは、彼らの原点とも言える聖金曜日(今年は3/25)の「マタイ受難曲」で始まり、4月には「ロ短調ミサ」と「マニフィカト」を携えて、ヨーロッパ6ヵ国10都市を巡る16日間・全12公演のツアーに出る。 「…

サントリーホール クリスマス オルガンコンサート2015 バッハ・コレギウム・ジャパンのクリスマス物語

キリスト誕生の奇跡を音楽で描く  世界の古楽シーンを牽引する鈴木雅明率いるオリジナル楽器&合唱のスペシャリスト集団、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)と最高のイヴの夜を演出するクリスマスコンサートをご案内。会場は今年7月に行われた「第45回サントリー音楽賞」受賞記念コンサート(J.S.バッハのミサ曲ロ短調)の感動も…

福川伸陽(ホルン)&三浦友理枝(ピアノ)

ランチタイムに多彩な驚きと楽しさを!  N響首席ホルン奏者・福川伸陽と、人気ピアニスト・三浦友理枝。2012年以来デュオを組む2人が、12月に第一生命ホールで「11時開演、お話付き90分」の公演を行う。これが実に興味深い内容だ。 「ホルンのコンサートが初めての方にも楽器の多面性を分かっていただけるよう、バロックから現代…

鈴木雅明(指揮) バッハ・コレギウム・ジャパン オール・モーツァルト・プログラム

BCJが初めて、モーツァルトのシンフォニーに挑む!  音楽監督の鈴木雅明のもと、2013年にバッハの教会カンタータ全曲演奏・録音という偉業を完遂させたバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)。その新たなステージへの幕開けを告げる歴史的瞬間に立ち会えるに違いない。BCJが初めて挑戦するモーツァルトのシンフォニー、中でも最も…

バロック・ライヴ劇場 第4回 鈴木優人(チェンバロ/オルガン) & 藤木大地(カウンターテナー) 〜シンプロン・オリエント急行〜

ヴェネツィアからロンドンへ向かう“音楽の旅”  鍵盤楽器の名手であり、指揮や楽譜校訂や復元の分野でも八面六臂の活動を続ける鈴木優人。そして、日本音楽コンクール初のカウンターテナーでの優勝者となり、日本人カウンターテナーとして初めてウィーン国立歌劇場と客演契約を結ぶなど、国際的な舞台へと羽ばたく藤木大地。王子ホールのシリ…

芸劇フェスティバル 東京芸術劇場開館25周年記念コンサート ジョワ・ド・ヴィーヴル ── 生きる喜び

アニバーサリーにふさわしい大胆で斬新なプログラム  1990年10月30日、若杉弘指揮・東京都交響楽団による「第九」で開場した東京芸術劇場。25周年を迎えた今年、すでに6月以降の主催公演を「芸劇フェスティバル」と銘打って祝賀モードに突入しているが、秋以降も、ベルリン・ドイツ交響楽団(10/30)、ロイヤル・コンセルトヘ…

せんくら 仙台クラシックフェスティバル 2015

10年目を彩る多彩なプログラム  杜の都・仙台は催しものの多い街だが、秋に開催されるクラシックの音楽祭「仙台クラシックフェスティバル(せんくら)」もすっかり定着した。仙台市内の様々な会場で行なわれるコンサートはだいたいが1時間以内で、料金は1000〜2000円。2015年は10年目ということで、多彩なプログラムが組まれ…

鈴木優人(調布音楽祭エグゼクティブ・プロデューサー)

音楽祭の“エンジン”のような存在になれたらいいですね  指揮者や鍵盤楽器奏者として多才に活躍する鈴木優人が、地元・調布で「調布音楽祭エグゼクティブ・プロデューサー」を務め、企画から演奏まで音楽祭を率いている。そんな彼に3年目を迎える調布音楽祭について聞いた。 「私は、上から見るのではなく、本当に中身を作っていく、音楽祭…

波多野睦美 歌曲の変容シリーズ 第9回 “月の沙漠〜にほんのうた”

“日本の歌”を再発見  古楽を中心に、「うた」のジャンルを自在に横断する歌手・波多野睦美が、東西古今の歌曲を多様な切り口で集めて紹介する、王子ホールの『歌曲の変容シリーズ』。2005年の第1回以来、国や地域、時代などさまざまなテーマで、幅広い歌曲作品をひもづけしてきたが、第9回のテーマは「にほんのうた」。山田耕筰、梁田…