Tag Archive for 大阪交響楽団

大阪4オケの2019年度シーズン 共同記者発表会

 11月13日、在阪4オーケストラが、次年度シーズンプログラムの発表を、大阪で初の“共同記者会見”という形により行った。大阪交響楽団からは来期より正指揮者を務める太田弦、大阪フィルハーモニー交響楽団音楽監督 尾高忠明、関西フィルハーモニー管弦楽団音楽監督 オーギュスタン・デュメイ、日本センチュリー交響楽団首席指揮者 飯…

第57回大阪国際フェスティバル2019 4オケ・スペシャル〜佐渡 裕&4楽団合同オーケストラ〜

大阪“4オケ”全員が出演する圧巻のステージ  大阪国際フェスティバルの「大阪4大オーケストラの響演」は、例年4つのオケ(大阪響、大阪フィル、関西フィル、日本センチュリー響)が腕比べをするような名物企画であるが、2019年は特別企画として、合同演奏のかたちで大作に取り組む。指揮を執るのは佐渡裕。佐渡は兵庫県立芸術文化セン…

2018年11月発売のおすすめチケット情報

■11/16(金)発売 ソフィー・ダルティガロング ファゴット・リサイタル 2019.3/9(土)14:00 高崎シティギャラリー コアホール ソフィー・ダルティガロング(ファゴット) 沢木良子(ピアノ) ヴィヴァルディ:チェロ・ソナタ第7番 イ短調 RV44 J.S.バッハ:無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調…

第56回 大阪国際フェスティバル2018 大阪4大オーケストラの響演

“名物コンサート”にシェフたちが熱く意気込む  大阪国際フェスティバルの名物企画「大阪4大オーケストラの響演」が4月21日に開催される。昨年行われた会見でのコメントを引用しつつコンサートについてご紹介したい。  トップは大阪フィルハーモニー交響楽団とこの4月に音楽監督に就任する尾高忠明でエルガー「南国にて」。尾高はこの…

第54回大阪国際フェスティバル2016 大阪4大オーケストラの響演

“4オケ”が再集結する、興奮の一夜!  大阪を拠点とする4つのオーケストラ(大阪フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、日本センチュリー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団)がフェスティバルホールに集結する『大阪4大オーケストラの響演』。初開催となった昨年の好評をうけて今年も開催する。去る1月12日、4指揮者がフェス…

中村祥子らが芸術選奨文部科学大臣賞を受賞

 平成27年度(第66回)芸術選奨の贈呈式が3月15日東京都内で行われた。舞踊部門ではKバレエ カンパニー ゲストプリンシパルの中村祥子、日本舞踊家の藤間蘭黄、音楽部門では大阪交響楽団の音楽監督・首席指揮者の児玉宏、評論等部門では東京大学教授・音楽評論家の長木誠司が、それぞれ文部科学大臣賞を、文部科学大臣新人賞はソプラ…

稲盛財団が4800名を松山バレエ団「新・白鳥の湖」に無料招待 

 2月17日、公益財団法人稲盛財団が記者会見を行い、今夏、ロームシアター京都で開催される松山バレエ団「新・白鳥の湖」公演(8月16、17、18日)に、4800名を無料招待すると発表した。 (取材・文:菘あつこ 写真提供:稲盛財団)  松山バレエ団のバレリーナたちによる「新・白鳥の湖」の魅力の一端を見せる美しいパフォーマ…

宇野功芳(指揮) 大阪交響楽団 真夏の「第九」

なにわで炸裂する“功芳の歓喜”  快演か、はたまた怪演か。音楽批評界の大御所にして、優れた合唱指揮者としても知られる宇野功芳。その彼が、オーケストラを前にした時に発揮する、卓越した個性とパワーは常に聴衆を圧倒し、驚かせると共に、熱い議論を巻き起こしてきた。今年でちょうど85歳を迎えた宇野と、長い親交を温めてきたのが、大…

びわ湖ホール ジルヴェスター・コンサート 2013〜14

豪華絢爛な一夜を  「初詣の前には必ず、びわ湖ホールのジルヴェスター・コンサートを聴いて年越しする」と決めている関西の音楽ファンは数多い。午後10時に開演し、名曲をたっぷりと楽しんだ後、会場にいる全員でカウントダウンを行う恒例のイベントも、15回目に。今回は桂米團治の司会で、びわ湖ホール芸術監督の沼尻竜典が大阪交響楽団…