Tag Archive for サクソフォン

上野耕平(サクソフォン)

藤倉大の新曲を和太鼓の林英哲と世界初披露!  2014年10月にCD『アドルフに告ぐ』でデビューを果たし、早くも4年半以上がたつ上野耕平だが、その活動はますます多岐にわたっている。ソロ奏者として日本全国のコンサートに出演するほか、「The Rev Saxophone Quartet」や「ぱんだウインドオーケストラ」等、…

第145回 スーパー・リクライニング・コンサート 田中拓也 & 本堂 誠 サクソフォン・デュオ リサイタル

鮮烈にして心地よい音に浸る1時間  リラックスした1時間を過ごせるHakuju Hallの「スーパー・リクライニング・コンサート」に、とびきりのサクソフォン・デュオが登場する。日本管打楽器コンクール第25回優勝の田中拓也と、第34回優勝の本堂誠。共に東京藝大出身で、革新的グループ、ブルーオーロラ サクソフォン・カルテッ…

【CD】ラプソディ・イン・ブルー〜ガーシュウィン名曲集〜 /中村均一

 1998年録音の本作、ガーシュウィン生誕120年にあたる2018年に新リマスタリングで復刻。サクソフォン・アレンジによるその作品集である。曲によって中村均一によるソロ及び彼も参加するアルモ・サクソフォン・クァルテットが吹き分け、ピアノで白石光隆が参加するトラックも。感嘆すべきは中村のコクのある美しい音色と絶妙な歌心(…

【CD】ウェニャン:ラプソディ/田端直美

 オオサカ・シオン・ウインドオーケストラの花形奏者の3枚目のソロCD。サクソフォンの重要レパートリーとオーボエ関連の作品を中心としたクラシカルな構成がなされている。全体に繊細かつ引き締まった格調高い演奏が展開されており、音楽的な妙味十分。大定番のグラズノフの協奏曲や現代曲ながら人気の高いウェニャン作品等のオリジナル曲で…

【CD】プロムナード/住谷美帆

 2018年7月開催の第9回国際サクソフォンコンクールにて優勝を果たした住谷美帆のデビュー盤である本作は、彼女の多彩な表現力がフルに発揮された瞠目の出来栄え。最初のグラズノフは美しく途切れぬ歌と円滑なフレージングにそれが息の物理的限界があるサクソフォンという楽器であることを一瞬忘れさせるほどだし、ショパンでは何の苦もな…

田端直美(サクソフォン)

サックスと共に音楽の旅をお楽しみください  オオサカ・シオン・ウインドオーケストラ(OSWO)のコア・メンバーで、ソリストとしても活躍する実力派サクソフォン奏者、田端直美が3枚目のソロ・アルバム『ウェニャン:ラプソディ』(マイスター・ミュージック)をリリースする。技巧的ながら豊かな歌心にも溢れたタイトル曲はじめ、多彩な…

住谷美帆(サクソフォン) デビュー・アルバム『プロムナード』発売記念コンサート

 「これまでいなかった本格派女性クラシカル・サクソフォニスト、ついに登場!」の惹句を見て意外な気もしたが、確かにそうだ。名手はいるがクラシック系のソリストとなれば、この住谷美帆が現れるまではなかなかお目にかかれなかった。2018年に東京藝大を首席卒業した彼女は、在学中にN響ツアーの「展覧会の絵」のソロパートに抜擢され、…

めぐろパーシモンホール 未来の音シリーズ vol.28 本堂 誠(サクソフォン)

サクソフォンで聴くチェロの名曲が新鮮  バリトン・サックス、通称バリサク。やや雄々しいイメージが強い楽器ながら、実は聴き手を包み込むような豊かさや官能性、絶妙なニュアンスによる歌い回しなど、素晴らしい演奏者の手にかかるときわめて生命感のある旋律楽器となって私たちを魅了してくれるのだ。「ブルーオーロラ サクソフォン・カル…

須川展也(指揮) ヤマハ吹奏楽団

二大都市に楽器づくりの“匠”たちが見参  ヤマハ吹奏楽団を知らない吹奏楽ファンはいないだろう。1961年に創設された“職場バンド”の老舗であり、全日本吹奏楽コンクールにおいて全部門最多33回の金賞受賞を誇る超実力派。浜松を拠点にした演奏活動のほか、60を超える新曲委嘱の功績も光っている。メンバーはヤマハで管楽器などの設…

上野耕平(サクソフォン)

若き名手によるパワー全開の刺激的なステージ  音楽ライター山野雄大の解説付きで選りすぐりの演奏をお届けする、第一生命ホールの名物企画『雄大と行く 昼の音楽さんぽ』。記念すべき第10回には“クラシック・サクソフォン界若手No.1”の呼び声高い、上野耕平が登場。昨年リリースしたセカンド・アルバム『Listen to&#82…