河野克典(バリトン)&小林沙羅(ソプラノ) ミュラーと松本隆 2つの「冬の旅」

言葉の違いが行き着く先


 東京文化会館の《プラチナ・シリーズ》第5回。シューベルトの誕生日(1/31)の公演は、「冬の旅」を、日本語訳詞と、原語ドイツ語(詩:ミュラー)の両方で聴かせるユニークな試み。もちろんどちらも全曲演奏だ。
 日本語版は、作詞家・松本隆が1992年に訳したもの(この訳による演奏は、かつてCDも発売されていた。また松本は、「水車屋」も訳している)。太田裕美や松田聖子、あるいはKinKi Kidsなどをはじめ、1970年代から日本の歌謡界を代表する存在として2,000作以上の作詞を手がけてきた松本隆だが、もともとは日本語ロックの嚆矢ともいえる伝説のバンド「はっぴいえんど」のドラマー兼作詞担当だった人。当時チャレンジングだった「ロックを日本語で」という試みを成功させた開拓精神は、この日本語訳でも見事に生きている。古典詞の訳に、“格調高い”文語体ではなく、現代の口語訳を採用しているのが最大の特徴。音として耳で聴いて意味のわかる言葉で歌われることで、音楽作品としての新しい生命が与えられた。
 演奏は日本語版が小林沙羅、ドイツ語版が河野克典。「冬の旅」は青年が主人公なので、女声の、それもソプラノの演奏は聴く機会が少ない。しかも日本語で! 河野克典は、いうまでもなくこのジャンルの達人。
 韻律や言葉の響きなども異なる2つの言葉で、どんなパラレルワールドが描かれるのか。あるいは逆に、言葉の違いを超えた共通の世界が現れるのか。実に興味深い。
文:宮本 明
(ぶらあぼ2014年1月号から)

Music Weeks in TOKYO 2013 
プラチナ・シリーズ5
★2014年1月31日(金)・東京文化会館(小) 
問:東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650 
http://www.t-bunka.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • マエストロのレシピ まとめ
      on 2019/10/23 at 04:14

      職業柄、旅に出ることが多く、仕事の合間を縫って食材を作っている現場に赴くこともあると語るマエストロ・曽我大介。 このコラムでは、彼が情熱を抱きながら調理している鉄板レシピを、その料理にまつわるエピソードやライフスタイルとともにご紹介しています。 マエストロのレシピ 菜の花とアサリとベーコンのスパゲッティ | マエストロのレシピ Vol.1 シューマンの「春」を譜読みしていたマエストロが、春のヨーロ [&#8230 […]