第一生命ホール クァルテット・ウィークエンド ミロ・クァルテット

ラズモフスキーへの挑戦

(C)Nathan Russell

(C)Nathan Russell

 室内楽が盛んなアメリカが生んだ気鋭の弦楽四重奏団、ミロ・クァルテットが待望の再来日を果たし、その緻密なアンサンブルを披露する。1995年に結成されるや、翌年4月にコールマン室内楽コンクールを制したのを皮切りに、バンフ国際弦楽四重奏コンクールなど、短期間のうちに次々と名だたる登竜門を制して、一躍スターダムへ。ベルリンやウィーンをはじめ、世界の檜舞台で活躍を続けている。新たにメンバーへ加わった、セカンド・ヴァイオリンのウィリアム・フェドケンホイヤーのお披露目でもある今回の来日公演。4人が「個人的にも、技術面でも、音楽的にも挑戦」と位置付けるベートーヴェン中期の傑作「ラズモフスキー」全3曲(弦楽四重奏曲第7番〜第9番)を一気に披露する。折しも、発表したばかりの同曲のアルバム(米Longhornレーベル)が「精緻さと歌心が共存する好演」と話題に。ライヴならではの鮮烈さが加味されることで、さらに刺激的な“ベートーヴェン体験”が期待できそう。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2014年1月号から)

★2014年2月1日(土)・第一生命ホール
問:トリトン・アーツ・ネットワーク・チケットデスク03-3532-5702
http://www.triton-arts.net

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 田中彩子(ソプラノ)インタビュー
      on 2019/09/18 at 11:18

      interview & text :室田尚子 ウィーンに居を構え、ヨーロッパを中心に南米など世界中で活躍するコロラトゥーラ・ソプラノの田中彩子。類い稀な高音と比類なきコロラトゥーラのテクニックで、名歌手エッダ・モーザーに「人生の中でそう聴けることのない素晴らしい声」と絶賛された経験を持つ。一度でも彼女の歌声を聴いた人ならば、その日本人離れした、いや、人間離れしたとさえ言えるような「天から響いてくる [&#8230 […]