Interview2 小林顕作(俳優、声優、ダンサー、脚本家、演出家)

「OK! オーケストラ」司会の小林顕作さんに聞く

0歳の赤ちゃんが声を出してOK! みんな一緒に体を動かすのもOK!
そんな「OK! オーケストラ」のステージを盛り上げてくれるのが、司会を務める小林顕作さんです。
NHK Eテレの子ども向け番組「みいつけた!」の“オフロスキー”役でおなじみの小林さんに、子どもたちや音楽との接点、司会についてのユニークな視点を語っていただきました。

取材・文:飯田有抄/クラシック音楽ファシリテーター


■子供たちに大人気の小林さん

──小林顕作さんは役者・ダンサー・演出家・作詞作曲などマルチにご活躍で、NHK Eテレ「みいつけた!」の「オフロスキー」として、お子さんたちにも大人気です。サラダ音楽祭では赤ちゃんから参加可能な「OK!オーケストラ」の司会としてご登場されますね。
小林:「オフロスキー」が好きで来てくれる子供たちがいたら、「オフロスキー」ではなく僕が登場して、「あれ?!」っていう反応になるかもしれないけれど(笑)、すぐに馴染んでくれたら嬉しいですね。

──小林さんは、絵本の読み聞かせ公演でもご活躍です。子供たちと接するときに、大切にされていることはありますか?
小林:子どもを“子ども扱い”をしないこと。それに尽きるかな。僕はどんな人にも対等でありたいと思っているんです。たまに、とても小さい子にあえて「いかがでしたか?」なんて丁寧語を使ったりもします(笑)。
 ただ、3歳とか5歳とかの子どもたちは、社会性という面ではまだ未開発な部分が多いですから、くだいて言わないとわからないこともあります。大人同士なら省けることも、子供の場合は「え、今の、ぜんぜんわかんない」となったりする。そういう場合は、間(ま)の取り方や、声のトーンなどを工夫して、どう表現すべきかを考えています。
でも基本的には、大人も子供も対等でいい。大人が子供をナメてかかるのは簡単。でも、僕だって3歳の子から、「オレ3年しか生きてねぇけど、オマエたいしたことないぞ」って、いつ言われるかわかりません(笑)。

──小林さんは、子どもたちの気持ちをつかむだけでなく、子どもの気持ちになれる方なのだと思います。小さい頃の記憶は鮮明にあったりしますか? どんなお子さんでしたか?
小林:僕は0歳児の頃からの記憶があるんです。団地に住んでいたんですが、家のグレーの絨毯の上に、僕はうつ伏せになっていて、目の前にピンク色の犬のぬいぐるみがあって、向こうで家族が笑ってる……。その光景が記憶にあったのですが、5歳ごろになった時、初めてその場面の写真を見たんです。その時「これ覚えてる」って言ったら、姉ちゃんに「きもちわるい!」なんて言われましたね(笑)。
 小さい頃は、わりと感覚の鋭い子だったみたい。感じたことを歌にして、ずっと歌っていたそうです。「おまえはヘンな歌ばっかり歌ってたぞ」と、よく兄ちゃんたちに言われましたね。でも何かやれば、周りが面白がってくれるのが嬉しかった。その流れの中で生きてきて、自然と今の活動につながったのかなと思います。



■クラシック音楽との出会いは幼少期

──お父様の小林乾治さんは作詞家でいらしたのですよね。
小林:アメリカやポリネシアの民謡を、日本語に訳してアレンジしていました。父が大のクラシック音楽好きで、レコード・コレクターでした。家では朝からずっとクラシックが流れてましたね。

──小さな頃からクラシックに馴染みがおありだったのですね。
小林:レコードには触らせてもらえませんでしたけどね。自分でクラシックを「かっこいいな」と思い始めたのは20代になってから。バッハはこんな感じかぁ、モーツァルトはこういう線ね、みたいに感覚的に楽しんでいるだけですが。
好きな作品は、オーケストラのドカンとしたもの、エモーショナルなもの、ストーリー性のあるものかな。ラヴェルの「ボレロ」は大好きで、ステージで使ったこともあります。ただし、舞台は銭湯。次々と立派な男たちが洗い場に入ってくる、というストーリーでした(笑)。



■「OK!オーケストラ」は“部屋感”を出したい!

──「OK!オーケストラ」は、指揮者体験、ダンス体験など、お客さん参加型のコンサート。司会者の役割は大きそうですね。
小林:どんなお客さんが来てくれるのか、当日になってみないとわからないですよね。すごく元気な子もいれば、ちょっと萎縮しちゃう子もいるかもしれない。その子たちがどの辺りに座っているかも、その時になってみないとわからない。あまり作り込み、準備しすぎると、かえってうまくいかないことが多いので、客席の反応を見ながら、結果的にみんなが楽しい気持ちになれるように進行したいです。

──ダンスで出演する「コンドルズ」ですが、実は小林さんは、コンドルズの創設時からのメンバーでもあるんですよね。
小林:普段は僕も学ランを着てみんなと踊ったり、コントでツッコミを入れたりしています。今回僕は司会だけれど、気心知れた仲間たちとのステージなので、遠慮もいらないし、やりやすいですね。

──指揮の大野和士さんとは初共演とのことですね。
小林:はい。大野さんにもいっぱいお話をしていただきたいと思っています。「あの、僕が司会なんですけど……」ってツッコミを入れたくなるくらいに、お話ししていただけたらいいな。ご縁を嬉しく思っています。

──最後に、司会者としてどんなコンサートにしたいですか?
小林:都響さんはいろいろなコンサートをなさっていますが、未だかつてないほど賑やかなコンサートにしたいですね!
 赤ちゃんを抱っこした人たち、オフロスキーが好きな人たちが、オーケストラって楽しいな、コンサートにもっと行ってみたいな、と思ってくれるようにしたい。
会場が大きい分、どれだけみんながリラックスできる「部屋感」を出せるか、ですね。畳が見えそうなくらいリラックスしてもらえたら、僕の勝ちですね(笑)。そんな中でオーケストラを聴けたらきっと楽しいし、音楽体験が変わると思います。みなさんと会場でお会いできるのを、楽しみにしています!


【Information】
TOKYO MET Salad MUSIC FESTIVAL 2018
トーキョー・メット・サラダ・ミュージック・フェスティバル 2018[サラダ音楽祭]

2018.9/17(月・祝)東京芸術劇場コンサートホール/池袋エリア(公園・商業施設)
[OK!オーケストラ]
 13:00 東京芸術劇場コンサートホール
[音楽祭メインコンサート〈プルミエ・ガラ〉カルミナ・ブラーナ × Dance!!] 19:00 東京芸術劇場コンサートホール

※無料コンサート、ワークショップなど詳細は下記ウェブサイトをご確認ください。
問:サラダ音楽祭事務局03-5444-2786 
http://salad-music-fes.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]