曽我大介(指揮) ルーマニア・ブラショフ・フィルハーモニー交響楽団

四半世紀ぶりにルーマニアの名門楽団が再来日!


 約140年という長い歴史と独特の豊饒なサウンドを併せ持ち、リヒャルト・シュトラウスら数々の名匠が指揮台に立ってきた東欧の名門オーケストラ、ルーマニア・ブラショフ・フィルハーモニー交響楽団が来日。彼らとゆかりが深い曽我大介のタクトのもと、ベートーヴェンやモーツァルト、ドヴォルザークなどの傑作を披露する。
 同交響楽団は、ルーマニア第2の都市ブラショフが拠点。1878年のブラショフ・フィルハーモニー協会の第1回演奏会を機に設立され、多くの巨匠たちが客演を重ねてきた。来日公演を振る曽我は、ルーマニア国立音楽院在学中に同国で指揮者デビューし、現在は東京ニューシティ管弦楽団正指揮者。実は革命直後の1991年に困窮したブラショフ・フィルの支援にも尽力し、「生身の人間が心をひとつにするからこそ、心が震え、思いが通う」と、四半世紀に及ぶ彼らとの交流を振り返る。
 まず11月29日には、立川の市民合唱団と、ドヴォルザークの宗教声楽作品の佳品「スターバト・マーテル」で共演。ソプラノ髙橋絵理、メゾソプラノ清水華澄、テノール望月哲也、バリトン加藤宏隆という実力派ソリスト陣で臨み、曽我の自作「ルーマニアのメロディによる幻想曲」も添えられる。
 また、松戸公演では、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」がメインに。人気ピアニストのモナ=飛鳥・オットをソロに迎えて、モーツァルトの協奏曲第20番、ロッシーニの《セビリアの理髪師》序曲を披露する(12/2)。さらに、武蔵野市の市制施行70周年と、ブラショフ市との友好交流25周年を記念する「第九」(11/23)公演もある。晩秋は様々なプログラムでブラショフ・フィルの魅力を体験できるだろう。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2017年12月号より)

「第九」 
2017.11/23(木・祝)14:00 武蔵野市民文化会館
問:武蔵野市文化事業団0422-54-2011

「スターバト・マーテル」他
2017.11/29(水)19:00 たましんRISURUホール(立川市市民会館)
問:たましんRISURUホール042-526-1311

交響曲第5番「運命」他 
2017.12/2(土)14:00 松戸/森のホール21
問:森のホール21 047-384-3331

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]