Tag Archive for 錦織健

市原 愛(ソプラノ)

地元横浜でのガラコンサート初出演に意欲満々  近年、国内外で着実にキャリアを積み重ね、ファンを増やしてきた人気ソプラノ市原愛。現在公開中の邦画『追憶』では、千住明が手掛けたテーマ音楽で美しいヴォカリーズを聴かせて、大きな話題を呼んでいる。 「千住さんのこだわりで、同じように美しい旋律だけれどオープニングとエンディングで…

海老原 光(指揮)

霧島国際音楽祭は“アジアのポート”として良い音楽を発信し続けます  ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のコンサートマスターであったゲルハルト・ボッセの提唱で始められた霧島国際音楽祭は、今年で38回目を迎える。マスタークラスとコンサートからなり、その講師には世界的なアーティストが招かれ、受講生も日本だけでなくアジアを…

アフタヌーン・コンサート・シリーズ 長谷川陽子 & 錦織 健 〜チェロと歌のデュエット〜

チェロと歌で拓く新たな世界  えっ、チェロとテノールだけのコンサート? ピアノ伴奏もなし!? そんな一風変わった組合せによるコンサートが開催される。  チェロの長谷川陽子がテノールの錦織健とともに「やったことのないジャンルをふたりで開拓しよう」とチャレンジするのが、今回のチェロと歌のデュエット。曲はストラデルラ「教会の…

軽井沢大賀ホール 春の音楽祭 2016

名手たちが集結して盛り上げる春の祝祭  標高1,000メートルの高原に遅い春が訪れるゴールデンウィークの軽井沢。毎年その訪れを美しい音楽で告げるのが軽井沢大賀ホールの「春の音楽祭」だ。2005年4月のグランドオープンを飾ったのがまさにこの音楽祭だから、同ホールにとってはまた新たな1年の歴史を刻むバースデイ・イベントでも…

ピエタリ・インキネン(指揮) 日本フィルハーモニー交響楽団

新世代のマエストロが引き出す劇的な鎮魂の響き  今年創立60周年を迎える日本フィルは、この9月に現首席客演指揮者であるピエタリ・インキネンを新たに首席指揮者に迎える。すでにたびたびの共演によって成果を残してきたインキネンと日本フィルのコンビが、一段と密接な関係を築いて、さらなる躍進への第一歩を踏み出すことになる。  そ…

フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2015

首都圏のプロ・オーケストラが集結する“クラシック音楽の夏フェス”  2005年に産声をあげ、今や春の風物詩として定着した『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン』『東京・春・音楽祭』という2つの音楽祭。その前年である04年にオープンしたミューザ川崎シンフォニーホールを舞台に、夏の祭典としてスタートした『フェスタサマーミュー…

錦織健プロデュース・オペラVol.6 モーツァルト《後宮からの逃走》〜稽古場レポート

 明後日、22日(日)のサンシティを皮切りに全国各地で上演される錦織健プロデュース・オペラVol.6 モーツァルト《後宮からの逃走》〜ハーレムから助け出せ!。それに先立ち13日、東京都内で進行中の稽古場の様子が公開された。 (2015.2.13 都内稽古場 Photo:M.Terashi/TokyoMDE)  錦織健プ…

錦織 健(テノール)

美しいメロディとトルコ風のサウンドをご堪能ください!  オペラ界の若手スターとして頭角を現し、TV-CMでも「違いの分かる男」として話題を呼んだテノール、錦織健。それから約20年たった今も、その柔軟で真摯な心根は全く変わっていないようだ。舞台ではチャレンジ精神の塊と化すが、日常の体調管理には細心の注意を払い、日々の研鑽…

小・中・高校生のための「第九」チャリティ・コンサート 2014

「炎の第九」で復興支援  “炎のコバケン”による熱い「第九」演奏を通じて、“生”の意味を改めて考えてみたい。未曽有の被害をもたらした東日本大震災が発生した2011年から、被災地の復興を応援しようと、ソニー音楽財団が毎年末に続けている小・中・高校生のための「第九」チャリティ・コンサート。今回は、小林研一郎指揮の日本フィル…

記者懇親会:錦織健プロデュース・オペラVol.6 モーツァルト《後宮からの逃走》

 来年2月から全国各地で上演される錦織健プロデュース・オペラVol.6 モーツァルト《後宮からの逃走》〜ハーレムから助け出せ!。それに先立ち23日、東京都内で記者懇親会が開かれた。(Photo:M.Terashi/TokyoMDE)  錦織健プロデュース・オペラは、「お茶の間にオペラを!」を合言葉に、錦織がオペラ初心者…