日本フィルハーモニー交響楽団 特別演奏会2018 「第九交響曲」

平成最後の「第九」は2大マエストロのパッション漲る名演で

 今年の日本フィルハーモニー交響楽団の「第九」は、日本フィル桂冠名誉指揮者の小林研一郎と、情熱の指揮者、井上道義、日本を代表する二人のマエストロの登場が話題だ。
 井上は、抜群の統率力と求心力で、一期一会の演奏を大切にする指揮者。今回は、序曲「コリオラン」と組み合わせたベートーヴェン・プログラムで挑む。実は井上にとって、日本フィルは特別なオーケストラ。1976年に日本デビューした際に指揮したオケなのだ。その後はしばらく遠ざかっていたが、昨年の12月定期に続き、今年は九州公演(10都市)を指揮するなど、再び絆を深めている。「第九」のソリストは、テノールの錦織健ほか、井上と共演を重ねる実力派が揃った。合唱団は東京音楽大学(12/15)と日本フィルハーモニー協会合唱団(12/16)。「オーケストラは面白い!」と語るマエストロ。好奇心と探究心で目が輝く。そのひらめきに満ちたアプローチから、どのような演奏になるのか楽しみである。
 一方、“炎のコバケン”こと小林が指揮するプログラムは、厳かなバッハのオルガン曲(独奏:石丸由佳)で始まる。ソリストは、テノールの錦織のほか、ソプラノは安藤赴美子(12/21,22)と市原愛(12/25〜27)、アルトは山下牧子(全日)、バリトンは青戸知(12/21,22)、青山貴(12/25〜12/27)と豪華な歌手たちが集結する。こちらの合唱は東京音楽大学(12/21,22)と武蔵野合唱団 (12/25)、そして日本フィルハーモニー協会合唱団(12/26,27)。小林の渾身のタクトから生まれる歓喜や高揚、音楽との一体感は、まさに「コバケン・ワールド」。
 近年、音楽性を高め、進化を続ける日本フィルの、1年を締め括る演奏にも期待したい。
文:柴辻純子
(ぶらあぼ2018年12月号より)

井上道義(指揮)
2018.12/15(土)、12/16(日)(完売)

小林研一郎(指揮)
2018.12/21(金)、12/22(土)、12/25(火)、12/26(水)、12/27(木)

問:日本フィル・サービスセンター03-5378-5911 
http://www.japanphil.or.jp/
※各公演の詳細は上記ウェブサイトでご確認ください。

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]