八王子音楽祭 2018

ホールから街角のカフェまで、八王子が音楽に染まる2週間


 ユニークな文化活動を展開している八王子で行われる一大イベント「八王子音楽祭」。2008年に開始され、14年の第6回からは規模を拡大して毎年の開催となり、国内トップアーティストが登場を重ねる音楽祭として定着し、今年は第10回という節目を迎える。充実のラインナップのうち3公演をご紹介。
 まず、音楽祭開幕を告げる、木嶋真優ヴァイオリンリサイタル(5/27)。10代からめざましい活躍を繰り広げ、16年には上海アイザック・スターン国際コンクール優勝など、卓越した技巧と情熱的な表現でますます好調の木嶋。名手・江口玲のピアノを得て、ブラームスのソナタ第1番「雨の歌」ほか、聴きごたえ十分のリサイタルとなる。
 錦織健のテノール・リサイタル(6/3)も注目。随一の人気歌手が、魅力的な歌唱にメディア出演でもおなじみの軽妙なトークをまじえて、〈荒城の月〉〈誰も寝てはならぬ〉など日本歌曲から名オペラ・アリアまでを聴かせる、万人が楽しめるステージだ。
 “炎のマエストロ”小林研一郎と東京交響楽団による公演(6/9)も楽しみ。前半は我が国の代表的な名ピアニスト・田部京子との共演で、グリーグの協奏曲を。メインのチャイコフスキー「悲愴」は小林の得意演目で、14年から毎回出演の東響とともに、燃えるような熱演を期待したい。
 2週間にわたり、堅苦しくない雰囲気の中で本格的なクラシック公演を楽しめる「八王子音楽祭」は、多彩な演奏会に加えて、街中コンサート、参加型公演も用意されている。地元以外の人も足を運んで音楽祭に“参加”したい。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2018年6月号より)

2018.5/27(日)〜6/10(日)いちょうホール、オリンパスホール八王子 他
問:八王子市学園都市文化ふれあい財団042-621-3005
http://www.hachiojimusicfestival.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]