Tag Archive for 秋山和慶

秋山和慶(指揮) 東京交響楽団

異国情緒あふれる港街を音楽で巡るユニークな旅  東京交響楽団の4月定期は、桂冠指揮者・秋山和慶による滅多に聴くことのできないとてもユニークなプログラムだ。メシアン若き頃の作品「讃歌」に続いて、ジョリヴェ「赤道コンチェルト」、レイモンド・ルシュール「マダガスカル狂詩曲」、イベール「寄港地」というもの。かなりのマニアでなけ…

オーケストラで楽しむ映画音楽 Ⅹ

名作映画の音楽、そして1964年東京オリンピック時代を映すメロディーを  ミューザ川崎シンフォニーホールの人気企画、記念すべき第10回は(ホール休館中のため)駅を跨いで反対側の、カルッツかわさきに会場を移しての開催。今回はS.スピルバーグ作品やG.ルーカス監督『スター・ウォーズ』の音楽であまりに有名な作曲家で指揮者とし…

広島響が2019年度主催公演ラインナップを発表

 広島交響楽団が、2019年度の主催公演ラインナップを発表した。音楽総監督の下野竜也は、中核をなす定期演奏会“緑”で、ブルックナーの交響曲第5番(原典版)(2019.5/24)のほか、矢代秋雄の交響曲(9/13)、伊福部昭の協奏風交響曲(独奏:小山実稚恵)(20.2/21)など得意の現代作品を含めた意欲的なプログラムを…

【CD】ヤナーチェク:シンフォニエッタ/秋山和慶&オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ

 大阪の吹奏楽団の雄、オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラに芸術顧問の秋山和慶が登壇した2月定期のライヴCDは、前半アメリカ、後半チェコの20世紀オーケストラ作品の編曲集という好プログラム。秋山の構築するサウンドには互いの信頼感と余裕が感じられ、バランスと品格を損なわずに、各楽器を活かしながら一体感も生んでいく手腕…

2018年11月発売のおすすめチケット情報

■11/16(金)発売 ソフィー・ダルティガロング ファゴット・リサイタル 2019.3/9(土)14:00 高崎シティギャラリー コアホール ソフィー・ダルティガロング(ファゴット) 沢木良子(ピアノ) ヴィヴァルディ:チェロ・ソナタ第7番 イ短調 RV44 J.S.バッハ:無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調…

東京交響楽団2019-20ラインナップ 決定

 東京交響楽団が2019年度の主催公演ラインナップを発表した。就任6年目のシーズンを迎える音楽監督ジョナサン・ノットは定期演奏会4公演、川崎定期演奏会2公演、東京オペラシティシリーズ2公演のほか、特別演奏会(『第九』公演)や「名曲全集」など計7演目12公演を指揮する。  今回もノットは面目躍如たる近現代と古典の両方をミ…

第8回 関西の音楽大学オーケストラ・フェスティバル IN 京都コンサートホール

音大生たちの若い力が紡ぐ熱いサウンド  関西の8つの音楽大学の学生たちが一堂に会するオーケストラの祭典「第8回 関西の音楽大学オーケストラ・フェスティバル IN 京都コンサートホール」が開かれる。指揮は名匠、秋山和慶。学生たちによる合同オーケストラと合唱団が編成されて、若い力を爆発させる。  参加校は大阪音楽大学、大阪…

【出演者変更】第22回 京都の秋 音楽祭

古都に国内外の名手たちが集結 *出演者変更のお知らせ 「第22回 京都の秋 音楽祭」のNDRエルプフィルハーモニー管弦楽団公演にソリストとして出演予定であったピアニストエレーヌ・グリモーは、肩の故障のため、来日が不可能となりました。代役としてルドルフ・ブッフビンダーが出演いたします。曲目の変更はございません。(ベートー…

白井 圭(ヴァイオリン)& 辻本 玲(チェロ)インタビュー

スーパープレイヤーたちが集う唯一無二のフェスティバルへ、ようこそ!  今年も「セイジ・オザワ 松本フェスティバル(OMF)」が8月18日から9月7日まで、長野県松本市で開催される。オーケストラやオペラ、そして室内楽など、OMFならではの豪華アーティストによる趣向を凝らしたプログラムが連日繰り広げられる。  音楽祭に先立…

アフィニス夏の音楽祭2018 山形

一流演奏家の音楽創りの過程を体験できる夏の祭典  2009年から広島と山形で交互に開催されているセミナー音楽祭「アフィニス夏の音楽祭」。すでに国内のプロオーケストラ等で活動している奏者が参加者として集い、世界のトップ団体で活躍する招聘演奏家たちの指導を受ける「セミナー」を重ねながら、演奏会に向けて共に音楽を創りあげてい…