Tag Archive for 田崎瑞博

古典四重奏団 ムズカシイはおもしろい!! バルトークの時代 2018〈その4〉

 「弦楽四重奏曲なんて、難しい。ましてや、近代の作品なんて…」。そう思い込んでいる人にこそ、ぜひ聴いてほしい。  精鋭集団・古典四重奏団が取り組む、人気のレクチャー付きコンサート「ムズカシイはおもしろい!!」。今期は「バルトークの時代」と題し、20世紀の傑作を“解剖”しているが、10月に開く第4弾では、プロコフィエフの…

アンサンブル『音楽三昧』 音楽三昧2018《巴里 百花繚乱 第2章》

近代フランス“名管弦楽曲”もお手のもの  既成概念にとらわれぬ自在な発想で、チェンバロやリコーダー、ガンバなどのピリオド楽器とフルートやヴァイオリンほかのモダン楽器、その両方を駆使し、管弦楽などの様々な作品を“再創造”するアンサンブル『音楽三昧』。今回はラヴェル、ドビュッシー、フォーレとフランス近代の名品を取り上げる。…

古典四重奏団 ムズカシイはおもしろい!! バルトークの時代 2016

バルトークと彼の時代性が見えてくる  今年結成30年の古典四重奏団は、レクチャーを伴うコンサートを活動の柱のひとつに据えている。その代表的なシリーズが、この「ムズカシイはおもしろい!!」。ユニークなタイトルから、一見難解そうな曲でも怖くない、むしろ難しさにこそ核心に迫る面白さが詰まっている、というメッセージが伝わる。 …

クァルテット・ウィークエンド ムズカシイはおもしろい!! 古典四重奏団のスメタナ&ヤナーチェク2015/ブラームス2015

レクチャー付きで巨匠たちの名作をより身近に  精鋭集団・古典四重奏団が、弦楽四重奏の名曲の魅力を、実際の演奏にレクチャーを交えつつ解き明かしていくシリーズ「ムズカシイはおもしろい!!」。「室内楽が身近に、楽しく聴けるようになった」と人気を呼んでいる。10月にはスメタナとヤナーチェク、そしてブラームスという中欧が育んだ3…