音楽三昧2019 《ゴルトベルク変奏曲》

“三昧サウンド”で聴くバッハの歴史的傑作

C)A.Muto

 鍵盤楽器のための無数の作品の中でも、最高峰に位置づけられるバッハ「ゴルトベルク変奏曲」。既成概念にとらわれぬ柔軟な発想で、様々な作品を“再創造”してきたアンサンブル『音楽三昧』の手にかかると、果たして、いかなる変容を遂げるのか。

 1984年に結成され、モダン楽器とチェンバロやトラヴェルソなどのピリオド楽器、両方を駆使し、バロックから近代に至る、管弦楽や鍵盤楽器のための様々な作品を編曲・演奏してきたアンサンブル『音楽三昧』。今回はついに、バッハの謎多き傑作に目を向けた。

 1741年に出版され、冒頭と末尾で奏される「アリア」と30の変奏から成り、厳密な数学的秩序の上に構築されている「ゴルトベルク変奏曲」。今回は変奏ごとに、様々な組み合わせによるピリオド楽器で曲が進められる。

 「作曲家に対する最大の賛美は、『一心不乱に遊ぶこと』によってのみ達成される」と編曲を担当する、チェロの田崎瑞博。ステージは、当曲のCDリリース記念だが、以前に録音を発表した「イタリア協奏曲」も併せて披露する。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2019年6月号より)

2019.6/2(日)14:30、6/5(水)19:00 近江楽堂(東京オペラシティ3F)
問:ビーフラット・ミュージックプロデュース03-6908-8977
http://gregorio.jp/zammai/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]