【CD】バッハ:ゴルトベルク変奏曲 /アンサンブル「音楽三昧」

 ピリオド楽器も交え、バッハからショスタコーヴィチ(!)まで聴かせてきた「音楽三昧」の最新盤は「ゴルトベルク変奏曲」。鬼才・田崎瑞博のユニークな編曲は、5人の奏者が変奏ごとに様々な組み合わせで登場し、原曲に忠実なものから、旋律線まで手を入れる思い切った創作まで多様。すべては名曲の世界に没入して全力で「遊ぶ(≒演奏する)」ために考え抜かれたもの。チェンバロ独奏のモノクロームなアリアの後、第1変奏からカラフルな音が広がる効果はアンサンブルならでは。愉悦を極めたお祭り(30の変奏)が終わり、楽しい夢からさめた後のモノクロのアリアがなんとも沁みる。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2019年3月号より)

【Information】
バッハ:ゴルトベルク変奏曲/アンサンブル「音楽三昧」

J.S.バッハ(田崎瑞博編):ゴルトベルク変奏曲

アンサンブル「音楽三昧」
【菊池かなえ(ft/b-pi) 川原千真(b-vn/gb) 田崎瑞博(b-vc/b-va) 蓮池仁cb 加久間朋子cm】

CRÉATION
CRT-1300 ¥2500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]