ニルス・メンケマイヤー(ヴィオラ) モーツァルト・プロジェクト 〜ライナー・クスマウルをしのんで〜

恩師への追悼の思いを込めた二夜 

C)Irene Zandel

 4月のトッパンホール「モーツァルト・プロジェクト」は、“室内楽の殿堂”の面目躍如たる公演だ。中心をなすのはニルス・メンケマイヤー。ドイツ生まれの彼は、自然で温かな音楽を聴かせる“ヴィオラ新世代の旗手”であり、まずはその自在の奏法と豊かな表現力が存分に披露される。さらに本公演は“ライナー・クスマウルをしのんで”と銘打たれている。3年前に逝去した名ヴァイオリニストにして名教師であり、当ホール草創期の恩人でもある偉大な音楽家をしのんで、影響を受けた演奏家を中心とする実力者が集い、モーツァルトを主軸とした名作を二夜にわたって奏でる。それも大きな趣旨だ。

 出演者は、学生時代に感化されたメンケマイヤーの他、直接師事した日下紗矢子と田島高宏、若き日に共演した久保田巧(以上3名ヴァイオリン)、日下の音楽仲間アンドレアス・ヴィルヴォール(ヴィオラ)、卓越した俊英・岡本侑也(チェロ)、メンケマイヤーの盟友ウィリアム・ヨン(ピアノ)という凄腕の名手たち。プログラムは、稀代の名作たる弦楽五重奏曲K.515、516を各日に配し、初日はK.516ト短調、幻想曲ハ短調、ピアノ四重奏曲ト短調等で“モーツァルトの短調”の深淵を抉る。2日目はK.515ハ長調等に、2017年に発見されたショスタコーヴィチの即興曲(要注目!)とヴィオラ・ソナタが続く。作曲者の“白鳥の歌”である同ソナタは、極限まで純化された深遠なる傑作。これはクスマウル追悼の念と同時に、メンケマイヤーによる楽曲の新境地も期待される。この意味深い二夜、共に足を運ばすにはおれない。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2020年4月号より)


*新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、本公演は延期となりました。
詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。

モーツァルト・プロジェクト1 
2020.4/9(木)19:00
モーツァルト・プロジェクト2 
4/10(金)19:00
トッパンホール
問:トッパンホールチケットセンター03-5840-2222 
http://www.toppanhall.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]