【CD】シューベルト:美しい水車屋の娘/ディートリヒ・ヘンシェル&岡原慎也

 現代ドイツを代表する名バリトンで、リート解釈・歌唱の第一人者であるディートリヒ・ヘンシェル。フィッシャー=ディースカウ亡き今、その正統な後継者と目されている名手が、「美しい水車屋の娘」の20年ぶりとなる再録音に臨んだ。言葉ごとに施される、音楽的かつ理知的な表情づけ。過剰な感情移入を排するからこそ、シューベルトの旋律の美しさと、ミュラーが詩の随所に織り込んだ音韻との、妙なる関係性が浮き彫りに。そして、まるで川のごとき、全20曲を通しての流れの良さは特筆もの。ピアノの岡原慎也も、絶妙のバランス感覚で饒舌さと抑制を操る、名アシストぶりだ。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2020年4月号より)

【information】
CD『シューベルト:美しい水車屋の娘/ディートリヒ・ヘンシェル&岡原慎也』

シューベルト:歌曲集「美しい水車屋の娘」

ディートリヒ・ヘンシェル(バリトン)
岡原慎也(ピアノ)

日本アコースティックレコーズ
NARD-5067 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]