アルカスSASEBO Mプロジェクト 2018

佐世保で感じるフランスからの風

 年間を通じて1人の作曲家に着目し、様々なステージで同じ作曲家の作品を取り上げる中から、その音楽や人間像を掘り下げるアルカスSASEBOのオリジナル企画「Mプロジェクト」。3年目の2018年度は、没後100年となるドビュッシーを主テーマに。さらに、日仏友好160周年でもあることから、“フランスの音楽”にも拡大させてゆく。主な公演をご紹介しよう。
 シリーズの幕開けは、卓越したドビュッシー弾きとして知られ、さらに文筆の世界でも活躍する、ピアノの青柳いづみこを迎えて。「亜麻色の髪の乙女」など「前奏曲集第1巻」を軸にトークを交え、想像の旅へと聴衆を誘う。
 そして、今年はシャンソンの歌姫、エディット・ピアフの没後55年でもある。その伝記映画でピアフ本人の歌声も担当した名歌手、ジル・エグロが来日。「バラ色の人生」「愛の賛歌」など、歌姫の代表的なナンバーを歌う。
 さらに、川崎洋介(ヴァイオリン)ら国内外の一線楽団で活躍の首席級で組織された、座付きの弦楽四重奏団「アルカス・クァルテット」の第8回定期でも、フランスの佳品を。神尾真由子がソリストで出演する、ジョセフ・バスティアン指揮読売日本交響楽団の公演では、交響詩「海」などを堪能。また、現代フランスを代表するピアノの名匠、パスカル・ロジェも登場。地元・佐世保の陶磁器「三川内焼」とのコラボレーション「ドビュッシーと光」も興味深い。
 来年3月の“トリ”を飾るのは、豊嶋泰嗣(ヴァイオリン)を音楽監督に名手を集め、ホールが独自に結成した室内楽団「チェンバー・ソロイスツ・佐世保」。ハープと弦楽合奏のための「神聖な舞曲と世俗的な舞曲」ほか、ドビュッシーの清澄なサウンドを届けてくれる。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年4月号より)

没後100年 ドビュッシーの想像の旅 2018.4/21(土) ジル・エグロ 2018.5/26(土) アルカス・クァルテット 2018.7/21(土)
読売日本交響楽団 2018.9/7(金) パスカル・ロジェ 2018.11/25(日) チェンバー・ソロイスツ・佐世保 2019.3/24(日) 
会場:アルカスSASEBO
問:アルカスSASEBO 0956-42-1111 
※Mプロジェクト 2018の詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。 
http://www.arkas.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]