シュニトケ & ショスタコーヴィチ プロジェクト2―チェンバー・オーケストラ

時代に翻弄された作曲家3人の内奥を探る


 独自の視点と問題意識をもって、意欲的な主催公演を企画し続けているトッパンホールによる、今シーズン屈指の挑戦的な公演が「シュニトケ & ショスタコーヴィチ プロジェクト」である。室内楽作品を集めた第1回に続き、第2回は室内オーケストラを中心とした協奏作品——シュニトケの代表作「コンチェルト・グロッソ第1番」と「モーツ-アルト・ア・ラ・ハイドン」、エストニア出身(当時ソヴィエト連邦体制下)のペルトの「タブラ・ラサ」、ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番を取り上げる。今はなきソ連を背景として、3人の作曲家たちの複雑な状況と精神が投影された傑作・怪作ばかりだ。
 トッパンホール チェンバー・オーケストラ(コンサートマスター:アビゲイル・ヤング)を指揮するのは井上道義。近年のN響や大阪フィルとのショスタコーヴィチは凄まじい名演続きで、諧謔味や遊び心にも長けた井上こそ、ソヴィエト作品を聴きたい指揮者だ。ソリストは第1回に続きヴァイオリンの山根一仁とピアノの北村朋幹が登場。中学3年にしてショスタコーヴィチの協奏曲の壮絶な演奏で2010年日本音楽コンクールを制した山根は、今回はシュニトケとペルトの3作品のソロで、内奥のメッセージを抉り出す。古楽から現代作まで研ぎ澄まされた解釈を見せる北村は、シュニトケ「コンチェルト〜」とペルト作品でプリペアード・ピアノ(前者ではチェンバロも兼任)を操り、ショスタコーヴィチの快作では井上の指揮ぶりと共に抱腹のフィナーレで会場を沸かせる。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2018年3月号より)

2018.3/25(日)17:00 トッパンホール
問 トッパンホールチケットセンター03-5840-2222 
http://www.toppanhall.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]