準・メルクル(指揮) 読売日本交響楽団

指揮者の“履歴書”プログラム

準・メルクル

準・メルクル

 準・メルクルが読売日本交響楽団を指揮するのは、意外にも今回が初めて。そのデビュー公演にあたって選んだ曲が興味深い。なぜなら、準・メルクルの“履歴書”が含まれているからだ。シェーンベルクがオーケストレーションした、ブラームスのピアノ四重奏曲第1番である。
 指揮者の個性や特徴を考えるうえで、大きなポイントになるのは、あるオーケストラと継続的な関係を持つ可能性を意識したときに、どんな曲を取り上げるかだ。
 ただ一度の客演のつもりなら、少ない練習で手っとり早く演奏効果の上がる有名曲をやるだろう。しかし、その客演に重要性を感じているときには、自分の特質と長所を楽員と聴衆の双方に示すことができ、同時に、オーケストラの能力と順応性をはかることのできる曲、そのような「指揮者の履歴書」ともいうべき作品を取り上げてくる。
 準・メルクルの場合、それがシェーンベルク編曲のブラームスのピアノ四重奏曲第1番なのだ。1998年にN響に客演した初期に取りあげたときの演奏は、長く語り種になるほどの名演だったし(CD化されている)、リヨンやライプツィヒMDR響のポストを射止めるときにも、この曲で勝負したという。それを読響と演奏することには、はたしてどんな意味があるのか。そして、どんな演奏になるのか。期待と妄想(?)をふくらませて、その日を待とう。前半に置かれたシューマンのピアノ協奏曲では、俊英・金子三勇士と共演。こちらにも大いに注目したい。
文:山崎浩太郎
(ぶらあぼ + Danza inside 2014年12月号から)

第544回 定期演奏会
2015.1/16(金)19:00 サントリーホール
問:読響チケットセンター0570-00-4390
http://yomikyo.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アムステルダム・運河の街のエラール | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第6回
      on 2019/12/11 at 05:55

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第6回 アムステルダム・運河の街 [&#8230 […]