【会見レポート】ボリショイ・バレエ来日公演が本日開幕!

 世界3大バレエ団の一つ「ボリショイ・バレエ」の日本公演が、6月2日の広島公演を皮切りに6月18日まで、東京、びわ湖、仙台、大阪と全国5カ所で上演される。これに先立ち6月1日に会見が行われ、マハール・ワジーエフ(ボリショイ・バレエ監督)、エフゲーニャ・オブラスツォーワ(プリンシパル)、イーゴリ・ツヴァルコ(リーディング・ソリスト)、アリョーナ・コワリョーワ(コール・ド・バレエ)らが登壇した。
(2017.6/1 ロシア大使館 Photo:J.Otsuka/Tokyo MDE)

左より:ドミトリー・キヤネンコ(ボリショイ劇場副総裁)、アリョーナ・コワリョーワ、マハール・ワジーエフ(ボリショイ・バレエ監督)、
エフゲーニャ・オブラスツォーワ、イーゴリ・ツヴァルコ

 今回の来日公演は、1957年のボリショイ・バレエ初来日から60周年の節目となる。ワジーエフ監督は今回のツアーについて、「ボリショイ・バレエの監督として来日するのは初めて。ボリショイ・バレエが60年にわたり来日できることは、それだけ日本の皆様に認められているということだと思う。今回来日したメンバーも素晴らしいダンサー。著名なダンサーとともに将来を担う若いメンバーも連れてきた。60年はまだ歴史の始まりにすぎず、新たな歴史をつくっていきたい」と語る。
 上演される演目は『ジゼル』『白鳥の湖』『パリの炎』。日本初演となる『パリの炎』についてワジーエフ監督は、「私が最も好きな振付家の一人、アレクセイ・ラトマンスキーが創り上げた素晴らしい作品。古典的な構造でとても見やすく、日本の皆さんにもきっと気に入ってもらえるはず」と語る。

マハール・ワジーエフ

 長年マリインスキー・バレエで活躍し、ボリショイ・バレエのメンバーとしては初めての来日となるプリンシパルのエフゲーニャ・オブラスツォーワ。
「今の私があるのはマリインスキー・バレエの9年間があったからこそ。それからしばらくして海外の様々なバレエ団と踊ることができたのは、私にとって一つの目標だった。マリインスキーからボリショイに移ることを決断したのはとてもシリアスな出来事だったが、悔いたことはない。日本では『ジゼル』と『パリの炎』を初めて踊るのでとても責任を感じている。素晴らしいパートナーであるツヴィルコとも今回初めて踊るのでとても楽しみ」

エフゲーニャ・オブラスツォーワ

 ボリショイ・バレエとして2回目の来日となるイーゴリ・ツヴィルコは、「皆さんと一緒に時を過ごせることがとても楽しみ。何年か前に初めて来日した際はコール・ド・バレエだったが、今回はリーディング・ソリストとしての来日。先輩たちのレベルに決して引けをとらないよう、誇りを持って踊りたい。初めてご覧いただく『パリの炎』はボリショイ・バレエの誇りとなる演目、皆さんに楽しんでいただきたい」と述べた。

イーゴリ・ツヴァルコ(右)とエフゲーニャ・オブラスツォーワ(左)

 ワジーエフ監督から「良いダンサー」と高く評価されるアリョーナ・コワリョーワ(コール・ド・バレエ)。2016年にワガノワ・バレエ・アカデミーを卒業し、今回の来日ツアーでは『ジゼル』のミルタ役(5日19時公演出演)に抜擢された期待の新人。
「私にとって日本のステージに立てることは、大きな喜びであり大きな責任であり、名誉です。60年間のボリショイの歴史の中で、素晴らしいダンサーやスター達と肩を並べられるように頑張りたい。日本の聴衆の皆様の前で『ジゼル』ミルタ役を踊ることはとても楽しみで、気持ちを込めて踊りたい」と意気込みを語った。

期待の新人、アリョーナ・コワリョーワ

【関連記事】
初来日から60年!世界最高峰のバレエ団の伝統と進化を観る〜ボリショイ・バレエ『ジゼル』『白鳥の湖』『パリの炎』
(ぶらあぼ2017年5月号より)

【公演情報】

ボリショイ・バレエ日本公演
『ジゼル』 6/4(日)、6/5(月) 
『白鳥の湖』 6/7(水)〜6/12(月)
『パリの炎』 6/14(水)、6/15(木) 
東京文化会館
問:ジャパン・アーツぴあ03-5774-3040

6月2日(金) 広島文化学園HBGホール 『白鳥の湖』 
問:広テレイベントインフォメーションセンター082-249-1218
6月10日(土)びわ湖ホール 大ホール 『パリの炎』
問:びわ湖ホールチケットセンター 077-523-7136
6月16日(金)仙台・イズミティ21大ホール 『白鳥の湖』
問:仙台市市民文化事業団 022-727-1875
6月17日(土)フェスティバルホール 『ジゼル』
問:フェスティバルホールチケットセンター06-6231-2221
6月18日(日)フェスティバルホール 『白鳥の湖』
問:フェスティバルホールチケットセンター 06-6231-2221

*全国公演の詳細、配役は下記ウェブサイトでご確認ください。
 スヴェトラーナ・ザハーロワが出演する公演(6/4、6/8 各日19:00)は完売
http://www.japanarts.co.jp/bolshoi_b2017/