Tag Archive for 鈴木優人

一柳慧芸術総監督就任20周年記念 「Toshi伝説」

日本の現代音楽シーンを牽引するレジェンドの全貌に迫るプロジェクト  「Toshi伝説」?! そのインパクトに驚いた。本年2月、3月に神奈川芸術文化財団主催で一柳慧芸術総監督就任20周年記念公演が開催される。時代の最前線で活躍を続ける作曲家であり、古典から現代まで横断するピアニスト、欧米の新しい作品の紹介と演奏でも様々な…

シリーズ日本の古典 〜源氏物語初版千年〜 Ⅰ サラマンカ能 その弐

オルガンのサウンドと一体となり生み出す幽玄の美  伝統芸術として、もっとも長い歴史を誇る西洋のオルガン音楽と日本の能。その二つがサラマンカホールで出会い、新たな調和を生み出す。2018年に初回が催され話題を呼んだ「サラマンカ能」。いよいよ来春には、能「葵上」をメインプログラムに据えて「その弐」のステージが開かれる。今回…

京都市交響楽団が2021年度シーズンラインナップを発表

 京都市交響楽団が、11月20日に京都市内で記者発表会を行い、常任指揮者兼芸術顧問の広上淳一のほか、エグゼクティブプロデューサーの近藤保博、演奏事業部長の上野喜浩、管理部長の中濵正晃が登壇。2021年度のラインナップを発表した。また、14年にわたり常任指揮者を務める広上が、来季をもって退任することが併せて発表された。 …

フレッシュ名曲コンサート 楽しいオーケストラ! 鈴木優人(指揮) × 日本フィルハーモニー交響楽団

演奏とトークでひもとく名曲の魅力  「フレッシュ名曲コンサート」は、次代を担う新進気鋭の音楽家が多数登場し、力のこもった新鮮な演奏を聴かせてくれることで定評がある。リーズナブルな入場料も人気の一つになっている。  今回、江戸川区総合文化センターで行われるコンサートでは、いま日本の音楽界で最も期待されているアーティストの…

鈴木優人プロデュース/BCJオペラシリーズ Vol.2 ヘンデル 歌劇《リナルド》オンライン会見

 指揮・チェンバロ奏者の鈴木優人がプロデュースするオペラシリーズ第2弾、ヘンデルの歌劇《リナルド》が10月31日に神奈川県立音楽堂、11月3日に東京オペラシティ コンサートホールで上演される。これに先立ち、9月29日にオンライン記者会見が開催された。登壇者は鈴木優人、演出の砂川真緒、リナルド役の藤木大地、アルミレーナ役…

彌勒忠史(演出)

ひとつの空間で呼応し合う能の名作と20世紀オペラ  誘拐された我が子を追って、母が独り、東国の川岸に辿り着く…英国の作曲家ブリテンが、能『隅田川』の物語に突き動かされて、「西洋音楽で再創造」したオペラ《カーリュー・リヴァー》。この秋、能とオペラが連続上演されるとのこと。オペラを演出する彌勒忠史が、和と洋が結び合う世界を…

@調布国際音楽祭開催

 今年6月に東京都調布市で開催予定だった調布国際音楽祭が、新型コロナウイルスの影響により全日程中止となったことを受け、急遽インターネットに場を移し、動画配信による「@調布国際音楽祭」として代替開催されることが決定した。6月3日、エグゼクティブ・プロデューサーの鈴木優人が、Zoomミーティングの形でメディア関係者に向けた…

アーティストメッセージ(1)〜音楽家・鈴木優人

 世の中からコンサートがなくなってしまってから2ヵ月あまり。  今回、ぶらあぼでは、公演の再開を心待ちにする音楽ファンへ向けたアーティストたちの声をお届けします。彼らもまた、私たちと同じく制約のある生活のなか、様々な思いを抱き今この時を過ごしています。そのメッセージを胸に、来るべき再開の時をともに待ちましょう。  第1…

横須賀芸術劇場が能『隅田川』とブリテンのオペラ《カーリュー・リヴァー》を連続上演

 横須賀芸術劇場は10月18日に、能の名作『隅田川』と20世紀イギリスの大作曲家ブリテンのオペラ《カーリュー・リヴァー》を続けて上演することを発表した。同作は、ブリテンが1956年に来日した折、『隅田川』を観てインスパイアされ誕生、その後の作曲活動の方向性を定めたとされるオペラ。  『隅田川』は、人買い商人に連れていか…

オーケストラ・アンサンブル金沢が2020-21シーズン・プログラムを発表

 オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)は3月21日、2020-21シーズンの定期公演ラインナップを発表した。テーマは「ベートーヴェンとモーツァルト」。今年生誕250年のベートーヴェン、そして同楽団創設以来、主要なレパートリーとしてきたモーツァルトを軸にしたラインナップだ。芸術監督に就任して3シーズン目となるマルク・…