Tag Archive for 野平一郎

第21回 宮崎国際音楽祭

室内楽からオペラまで、今年も多彩なプログラムが魅力  毎年4月末から5月にかけて開催される宮崎国際音楽祭が、第21回を迎える。今年もメインプログラムやスペシャルプログラムなど、多彩な公演に国内外の豪華アーティストが出演する。  今年最初のメインプログラムは「エクスペリメンタル・コンサート『ブダペストの新風』」と題し、音…

野島 稔(ピアノ)

横須賀から巣立つ新たな才能に注目したい  横須賀市に生まれ、ピアニストとして国際舞台で活躍し、現在は東京音楽大学学長を務める野島稔。その名を冠したコンクール『野島 稔・よこすかピアノコンクール』が今年で10年目、第6回を迎える。会場は国内最大級のオペラハウス仕様を誇る、よこすか芸術劇場。若きピアニストたちが真摯に音楽と…

静岡音楽館AOI 開館20周年記念コンサート・シリーズ 第1期 より

オペラからジャズまで多彩なラインナップ  未来を見据えた静岡の音楽文化を担う場所として、1995年に開館した静岡音楽館AOI。現在は作曲家でピアニストの野平一郎を芸術監督に迎えて、若手や地元出身の音楽家の登用、現代の作品や静岡ならではのプログラミングを通じ、地元の文化の発展に寄与している。そんなAOIが、今年で開館20…

東京・春・音楽祭 —東京のオペラの森2015—《24の前奏曲》シリーズ

24の前奏曲でたどるピアノ音楽史の旅  春の訪れとともに上野は音楽祭の街になる。「東京・春・音楽祭」では今年も興味深い公演が目白押しとなっているが、なかでも目を引くのが《24の前奏曲》シリーズだ。全4公演にわたって、ショスタコーヴィチ、ドビュッシー、ショパン、そして没後100年を迎えるスクリャービンの曲集が演奏される。…

野島稔・よこすかピアノコンクール審査委員による ベートーヴェン ピアノ協奏曲

熟達の至芸と巨匠の変遷を、同時に知る醍醐味  音楽祭などでマスタークラスとコンサートを両方行う演奏家は、口を揃えて「いつも以上に緊張する」と話す。むろん受講者の手前、下手な演奏はできないからだ。それがコンクールの審査員となればなおさらだろう。2006年に始まった「野島稔・よこすかピアノコンクール」では、例年、審査委員に…

東京・春・音楽祭 ―東京のオペラの森2014―

今春も上野の森で音楽三昧!  上野の森の風物詩、東京・春・音楽祭が10年目を迎えた。2005年に始まった同音楽祭も年々成長を遂げ、昨年は120公演にのべ4万人を動員。桜の季節の人気イベントとなっている。10回目の今年も幾多の公演が行われるが、オペラや海外のスター演奏家以外に、実力者による興味深いコンサートも数多い。以下…