野平一郎が平成30年度日本芸術院賞を受賞

 作曲家でピアニストの野平一郎が平成30年度日本芸術院賞を受賞した。同賞は今回で第75回を迎え、野平は作曲家、ピアニスト、指揮者、プロデューサーとしての長年の秀でた業績を高く評価されての受賞となった。

 野平は1953年生まれ。東京藝術大学、同大学院修士課程作曲科を修了後、フランス政府給費留学生としてパリ国立高等音楽院に学ぶ。アンサンブル・アンテルコンタンポランやIRCAMからの委嘱作品を含む80曲以上におよぶ作品を発表。現在は静岡音楽館AOI芸術監督、東京藝術大学作曲科教授。

日本芸術院
http://www.geijutuin.go.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]