第15回 東京音楽コンクール

将来を担う新しい才能の誕生を目撃する!

昨年のピアノ部門第1位 チョン・キュビン
C)堀田力丸

 東京文化会館、東京都などが主催し、2003年から毎夏開催されている東京音楽コンクールが、今年で第15回を迎えた。今回実施されるのは、ピアノ・弦楽・木管の3部門。総合審査員長は指揮者の小林研一郎が務める。また、部門審査員長の野平一郎(ピアノ)、大谷康子(弦楽)、宮本文昭(木管)のほか、国内外の第一線のアーティストが審査員に名を連ねている。
 第1次予選はすでに6月下旬から7月上旬にかけて非公開で実施されたが、8月20日からスタートする第2次予選および本選は公開審査により行われ、若き音楽家たちによる熱い闘いが10日余りにわたって繰り広げられる。
 入賞者に手厚い支援があるのもこのコンクールの特徴。2018年1月には、優勝者&最高位入賞者コンサートが行われ、円光寺雅彦指揮の新日本フィルとの共演機会が提供されるほか、入賞者は東京文化会館主催事業等への出演も約束される。また、ホール使用料の援助や広報・宣伝を含めたリサイタル支援が行われるのも出場者にとっては心強いポイントだ。
 第2次予選以降は一般公開されるので、自分だけのお気に入りの奏者を“発掘”しに出かけるのもお勧め。本選ではファイナリストが、梅田俊明指揮の日本フィル(ピアノ 8/27)、山下一史指揮の東響(木管 8/29)、角田鋼亮指揮の東京フィル(弦楽 8/31)の3楽団に相対する。各部門で聴衆の投票により「聴衆賞」が決定するのも楽しみだ。夏の終わりに、国内外から集った俊英たちの緊張感みなぎるステージを体感してみたい。
文:杉村 泉
(ぶらあぼ 2017年8月号から)

第2次予選
2017.8/20(日)、8/22(火)、8/24(木) 東京文化会館(小)
本選
2017.8/27(日)、8/29(火)、8/31(木) 東京文化会館(大)
問:東京文化会館チケットサービス03-5685-0650 
http://www.t-bunka.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]