Tag Archive for 福間洸太朗

『京都岡崎音楽祭 OKAZAKI LOOPS』から『京都の秋 音楽祭』へ

 秋の紅葉シーズンを目前に、この9月、京都のクラシック音楽界が賑わっている。  今年リニューアルオープンしたロームシアター京都を有する京都・岡崎エリアは、多くの文化交流施設が集積した京都の近代化のシンボル的な地域。その岡崎エリアで去る9月2日〜4日、クロスジャンルな音楽フェスティバル『京都岡崎音楽祭 OKAZAKI L…

京都岡崎音楽祭『OKAZAKI LOOPS』〜駆け巡る

第一線のアーティストが提示する新しい形の“音楽祭”  今年リニューアルオープンした「ロームシアター京都」がある岡崎地域には、様々な文化施設が集まっている。それらを“使い倒す”アートの祭典が『OKAZAKI LOOPS』である。ディレクターは、広上淳一(クラシック音楽)、高木正勝(音楽)、名和晃平(美術)、首藤康之(ダン…

N響ゴールデン・クラシック

GWこそ本格的なオーケストラ音楽を!  ゴールデンウィークは、遠出もいいが、新緑あふれる上野の森で、本格的なオーケストラ・コンサートに浸るのも一興だ。しかも演奏が、日本を代表するNHK交響楽団ならば文句なし。そこで例年大人気を集めているのが、『N響ゴールデン・クラシック』である。  今年は、気鋭のエストニア人指揮者ミハ…

Classic Bar 〜in Blue Rose vol.3〜

カクテルとクラシック音楽の美味しい関係  昨年の秋から始まったサントリーホールの人気シリーズ『Classic Bar 〜in Blue Rose』は、クラシック音楽とお酒の相性の良さを、さまざまな切り口で紹介し続けてきた。  3回目の開催となる今回のテーマは「カクテル」。複数のお酒や材料をひとつに混ぜ合わせるカクテルは…

福間洸太朗(ピアノ)

CD最新作は名作コンチェルトと“水の旅”  勢いに乗る福間洸太朗が2枚のアルバムを同時リリースした。一枚は初の協奏曲アルバムで、山田和樹率いる横浜シンフォニエッタとのライヴ録音。福間と山田は2014年1月のシューマンに続き、2015年2月にモーツァルトの第9番「ジュノーム」を共演しており、その模様を収録した。 「モーツ…

福間洸太朗(ピアノ)

満を持してロシアの大作をレコーディング  日本コロムビア第3弾のアルバムはロシア作品集だ。バラキレフの「イスラメイ」など、リサイタルでしばしばロシアものを披露している福間洸太朗だが、意外なことにかつてはロシア音楽に「コンプレックスがあった」と言う。 「チャイコフスキーの『ドゥムカ』を15歳で初めて弾いたとき、先生から『…

福間洸太朗 (ピアノ)

キーワードは『五輪書』  ニューヨーク・デビューリサイタルから10周年を迎えた福間洸太朗。この節目の年、彼に第39回日本ショパン協会賞が贈られた。11月20日には『バラードの音魂(おとだま)〜ショパン作品集』と題する新譜もリリースする。 「ショパンの作品は数ヵ月弾いていないと『何かが足りない』と感じるほど、僕にとって大…