横浜みなとみらいホール開館20周年 井上道義(指揮) 神奈川フィルハーモニー管弦楽団 バーンスタイン生誕100周年記念演奏会

“作曲家”バーンスタインの偉業に光を当てる

 生誕100年を迎えたレナード・バーンスタインだが、作曲家としての偉業に光が当てられ、多くのコンサートで作品が聴けるのはうれしいこと。首都圏であってもあまりコンサートでは聴けない作品を“発掘”できるのは、アニバーサリー・イヤーならではの喜びだ。
 昨年、大阪でバーンスタインの大作「ミサ」を指揮した井上道義が、神奈川フィルハーモニー管弦楽団を指揮し、横浜みなとみらいホールの開館20周年をも祝うという記念演奏会は、まさにバーンスタイン再発見となるプログラム。ミステリアスな雰囲気を漂わせる「ハリル」。ヴァイオリン協奏曲風の「セレナード」。そして悩める大都会の夜を描き出し、ジャズの風味も印象的なピアノ協奏曲風の交響曲「不安の時代」。どれもがバーンスタインのシリアス路線を垣間見せる名作たちであり、ベテランの工藤重典(フルート)や、若手注目アーティストの山根一仁(ヴァイオリン)、福間洸太朗(ピアノ)といったソリストたちが新しい命を吹き込む。
 さらにはおなじみの『ウエスト・サイド・ストーリー』から、オーケストラのマスターピースとなりつつある「シンフォニック・ダンス」や、輝けるデュエットの名曲「トゥナイト」を。そして大作「ミサ曲」からの抜粋を加え、幅広い作品が一気に聴けるという趣向なのだ。鷲尾麻衣(ソプラノ)や古橋郷平(テノール)、大山大輔(バリトン)の出演も嬉しい。
 マエストロ・ミッキー(井上道義)ならではの多角的な選曲を楽しめるのはもちろん、これだけのソリストたちが集まるチャンスも貴重。作曲家バーンスタインに興味津々の方なら、絶対に聴き逃せない。
文:オヤマダアツシ
(ぶらあぼ2018年4月号より)

2018.5/26(土)14:00 横浜みなとみらいホール
問:横浜みなとみらいホールチケットセンター045-682-2000 
http://www.yaf.or.jp/mmh/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]