ららら♪クラシック コンサート Vol.2 「ショパン名曲特集」

番組に登場した名曲を俊英ピアニストたちによる演奏で


 NHKのEテレで2012年から放映されている『ららら♪クラシック』。俳優の高橋克典が司会を担当、クラシック音楽の魅力や秘密を分かり易く紹介して、ファンを増やしている。そんな人気番組で紹介した傑作を、楽しいトークを交えつつ、生演奏でじっくり楽しんでもらおうとスタートしたのが、「ららら♪クラシック コンサート」。
 6月に開催される第2弾では、国際的に注目される6人の俊英ピアニストが顔を揃え、ピアノの詩人・ショパンの名曲を特集する。ステージの司会も高橋が担当。実は高橋の両親は共に音楽家で彼自身も楽器に親しみ、今も大の音楽好きを自認しているのだ。
 この日はまず、ソリストとしてだけでなく、作・編曲も手掛けるなどマルチな活動が光る中野翔太が登場。夜想曲第2番と練習曲op.25より第10番・第12番「大洋」を弾く。続いて、昨年、クララ・ハスキル国際コンクールを制した藤田真央が「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」を披露。そして、3年前に難関・ロン=ティボー国際で1位なしの第3位に輝いた實川風が前奏曲「雨だれ」とスケルツォ第2番を。9歳での国際デビュー以来、ショパン国際などで実績を重ねた小林愛実は、夜想曲第20番とソナタ第2番から「葬送行進曲」などを演奏。バルトーク国際などで優勝、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」の“支配人”も務める金子三勇士が練習曲「革命」「別れの曲」や「英雄ポロネーズ」を弾き、クリーヴランド国際で日本人初の優勝を果たした福間洸太朗が、「舟歌」、バラード第1番で締め括る。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年6月号より)

2018.6/5(火)18:30 東京文化会館
問:テンポプリモ03-3524-1221
http://www.lalalaclub.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]