Tag Archive for 井上道義

指揮者の井上道義さん、がんを克服、11日の鎌倉で活動再開へ!

 咽頭がん治療のため、4月半ばから演奏活動を休止していた指揮者の井上道義さん(67・オーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督、大阪フィルハーモニー交響楽団首席指揮者)が10月11日(土)からの演奏活動復帰を前に2日、東京芸術劇場で記者会見を行った。  会見場所はコンサートホールのステージ上。天井からは、病床のマエストロに…

井上道義さん、咽頭がん治療で指揮活動を休止

 喉に違和感を覚え4月半ばから演奏活動を休止していた指揮者の井上道義さん(67・オーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督、大阪フィルハーモニー交響楽団首席指揮者)が、検査の結果「咽頭がん」と診断された。治療に専念するため、6月末まで演奏活動を休止する。所属するKAJIMOTO(梶本音楽事務所)が30日、明らかにした。  …

軽井沢大賀ホール 2014 春の音楽祭

名手たちが集結して春の祝祭を盛り上げる  軽井沢大賀ホールが、2005年の開館当初から続けている『春の音楽祭』。今や地元では、高原に光の季節の到来を告げる風物詩として、すっかり定着している。  今年は、井上道義指揮のオーケストラ・アンサンブル金沢が、豪華なソリスト陣を迎えておくるステージで開幕。ベートーヴェン「田園」や…

小澤征爾さん登場! 一夜限りの特別コンサート“「オーケストラがやって来た」が帰って来た!” 12月11日(水)いよいよ開催

 山本直純・小澤征爾の二人が手を携えて作り上げた伝説のTV音楽番組「オーケストラがやって来た」(1972〜1983)が来年2月に30年の時を超え4巻組DVD-BOXとなって復活する。  この番組の柱としてクラシック音楽の普及に多大な影響を及ぼした故・山本直純さんの功績にふたたび光をあてるべく、一夜限りのコンサートが12…

「オーケストラがやって来た」が帰って来た!

山本直純・小澤征爾の二人が手を携えて作り上げた伝説のTV音楽番組「オーケストラがやって来た」(1972〜1983)。 二人の“友情の記念碑”ともいうべきこの番組が、来年2月に30年の時を超え4巻組DVD-BOXとなって復活します。 TV「オーケストラがやって来た」といえば、テーマ曲として使われたヨハン・シュトラウスの「…

大阪フィル首席指揮者に井上道義が就任

戦後の1958年にフェスティバルホールを作り、まだ音楽専用ホールがなかった頃、ザ・シンフォニーホールというそれを作ってきた“大阪の先進性”をもう一度発掘したい 大阪フィルハーモニー交響楽団(大阪フィル)は9月25日(水)、2014年度シーズンから井上道義を首席指揮者として招くと発表した。 また、2003年からザ・シンフ…

【ご招待】井上道義&新日本フィル 日比谷野外オーケストラ・ピクニック

日比谷野外オーケストラ・ピクニックを指揮するマエストロ 井上道義さんが、「ぶらあぼ」読者のためにコメントを届けてくださいました。 “野音とは、そこでのクラシックコンサートはもう誰も覚えていないくらい古く、「オーケストラが東京で野外音楽会をやっていた」らしい「ただの広場」のような会場。 それを現代の文化の中心である日比谷…

東京芸術劇場 コンサートオペラ Vol.1《青ひげ公の城》

男の“記憶の城”にようこそ 夫の秘密を暴き、愛の勝利を宣言したい妻。しかし、男の自信は揺るぎもしない。20世紀ハンガリーの大作曲家、バルトークの傑作《青ひげ公の城》は、管弦楽が“音の濃霧”のようにステージを包み込む中で、神秘的なドラマが展開する異色のオペラである。 マエストロ井上道義曰く「《青ひげ公の城》の世界とは、す…