井上道義×野田秀樹のタッグでオペラ《フィガロの結婚》を新制作、26日から全国巡演

 今月26日の金沢を皮切りに、全国10都市13公演開催される全国共同制作プロジェクト、モーツァルト/歌劇《フィガロの結婚》〜庭師は見た!〜。
 立ち稽古の合間をぬって、14日、東京都内の稽古場で、指揮の井上道義、演出の野田秀樹ほかキャストらによる会見が行われた。
(2015.5.14 都内稽古場にて Photo:M.Terashi/TokyoMDE )

 今回の新制作オペラ《フィガロの結婚》は、クラシック音楽界と演劇界の鬼才2人、井上道義と野田秀樹のタッグとあって、オペラと演劇の“結婚”!とも言うべき、新機軸が期待される。
 通常、イタリア語で上演される《フィガロの結婚》だが、今回の新演出では、外国人はイタリア語で、日本人は日本語での上演(アリアは原語で歌われる)となる。

 これまでの進捗を実際の結婚にたとえて聞かれた野田は「まともな結婚式をしたことがないので」と答え、笑いを誘いながら「だいぶ前から数多くのワークショップを重ねてきており、今月カロリスら海外の歌手陣が加わり、一段と演出の意図、日本人が西洋人と出会った時代の薫りがするところでオペラが行われる、そういった雰囲気が出てきている。ここにさらにオーケストラが加わってくると思うと、井上さんにいい仕事をいただいたなと思う」と感謝の言葉を口にした。

野田秀樹

野田秀樹

 それに対し井上は「野田さんから『この仕事やってて楽しい』と言われてすっかり舞い上がってしまっています」と照れながら、「日本で本当にいい演出家と《フィガロ》をやるならこういう方法でやるべきだと思っていた。もやもやとしか見えていなかったものを、野田さんが全部具現化してくれて嬉しい。キャスト・スタッフに恵まれて、去年死ななくてよかった」と、こちらも笑いをとる場面も。
井上道義

井上道義

 “誰も見たことのない新しいオペラの幕が開く”をキャッチフレーズにした今回の上演について井上が「野田さんは常に、誰も見たことがないことをやってきている。自分の作品を一から創るようなつもりでやっていると思うので、そういう意味で“誰も見たことのない新しいオペラ”。《フィガロ》はみな観ているけれど、演出によって大きく変わるし、演奏もそう。ただ、変な読み替えをされて、気持ち悪いオペラを観ることになったら嫌だなと思う、海外でもそういうのは多い。でも、野田さんならそういうことにならないと思ったし、ある種の賭だったけど、そういう意味では賭けに勝ったと思う」と言うと、野田は「当初いただいた話だとコンサートオペラということだったので、演出の手口は限定されるけど、そこは小劇場出身なので、自分の出自・経験を活かしたい」と応え、狂言回しとして配する庭師アントニ男を務める俳優の廣川三憲については「最高の飛び道具。物語が広がる」と自信のほどをのぞかせた。
左から)野田秀樹、井上道義、小林沙羅

左から)野田秀樹、井上道義、小林沙羅

 歌手陣は異口同音に「これまでやったことがない形のオペラ」と口をそろえ、スザ女(スザンナ)役の小林沙羅は「野田さんでなければ絶対に他の誰も創れないだろう《フィガロ》になっている。“演劇とオペラの結婚”と感じるのが、ワークショップの稽古の仕方が、演劇のやり方で、オペラをやっているものにとっては初めての体験。今回の演出には“西洋と日本の結婚”という意味が込めてありますが、その雰囲気がだせたらいいなと思う」との抱負を語った。

 公演は26日に石川・金沢歌劇座からスタートし、春期と秋期にわかれ、全国10都市で13公演が行われる。各公演では、各地域のオーケストラや地元の合唱団などが参加、全国規模でアーティストと市民が参加する大規模イベントとなる。

前列左から)井上道義、廣川三憲 後列左から)大山大輔、野田秀樹、小林沙羅、ナターレ・デ・カロリス、テオドラ・ゲオルギュー

前列左から)井上道義、廣川三憲
後列左から)大山大輔、野田秀樹、小林沙羅、ナターレ・デ・カロリス、テオドラ・ゲオルギュー

■全国共同制作プロジェクト
モーツァルト/《フィガロの結婚》〜庭師は見た!〜 新演出
(全4幕(休憩1回)・字幕付 原語&一部日本語上演)

●スタッフ
指揮・総監督:井上道義
演出:野田秀樹
美術:堀尾幸男(HORIO工房)
衣裳:ひびのこづえ

●主なキャスト
アルマヴィーヴァ伯爵:ナターレ・デ・カロリス 
アルマヴィーヴァ伯爵夫人:テオドラ・ゲオルギュー 
フィガ郎(フィガロ):大山大輔
スザ女(スザンナ):小林沙羅 
ケルビーノ:マルテン・エンゲルチェズ 
庭師アントニ男(アントニオ):廣川三憲
バルト郎(ドン・バルトロ):森雅史(前期)、妻屋秀和(後期)

●管弦楽
オーケストラ・アンサンブル金沢(5/26,5/30,5/31)、兵庫芸術文化センター管弦楽団(6/6,6/7,6/10)、東京交響楽団(6/17)、読売日本交響楽団(10/24,10/25)、山形交響楽団(10/29,11/1)、九州交響楽団(11/8,11/14)

●合唱
新国立劇場合唱団(6/6,6/7,6/10,6/17,10/24,10/25)、金沢フィガロ・クワイアー(5/26)ほか

●公演日程
〈春期〉
5/26(火) 金沢歌劇座 
問 金沢芸術創造財団076-223-9898
5/30(土)、31(日) フェスティバルホール 
問 医療法人友紘会072-621-9798(5/30)、フェスティバルホール06-6231-2221(5/31)
6/6(土)、7(日) 兵庫県立芸術文化センター 
問 芸術文化センターチケットオフィス0798-68-0255
6/10(水) サンポートホール高松
問 サンポートホール高松087-825-5010
6/17(水) ミューザ川崎シンフォニーホール 
問 ミューザ川崎シンフォニーホール044-520-0200

〈秋期〉
10/24(土)、25(日) 東京芸術劇場コンサートホール 
問 東京芸術劇場ボックスオフィス0570-010-296 (発売中)
10/29(木) 山形テルサ 
問 山形テルサ023-646-6677 (6/13発売)
11/1(日) 名取市文化会館 
問 名取市文化会館022-384-8900 (6/13発売)
11/8(日) メディキット県民文化センター 
問 メディキット県民文化センター0985-28-3208 (6/13発売)
11/14(土) 熊本県立劇場 
問 熊本県立劇場096-363-2233 (7/18発売)

【関連記事】
指揮者の井上道義さん、がんを克服、11日の鎌倉で活動再開へ!

■NODA・MAP
https://www.nodamap.com
■井上道義オフィシャルサイト
http://www.michiyoshi-inoue.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 美少年と貴婦人、その甘く苦い関係 | 萌えオペラ 第4回 リヒャルト・シュトラウス《ばらの騎士》
      on 2019/09/20 at 23:30

      text:室田尚子 illustration:桃雪琴梨 前回ご紹介したズボン役の代表であるモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノ。彼が誕生してから100年以上を経て、オペラ史に名を残すもうひとりのズボン役が登場します。その名はロフラーノ伯爵オクタヴィアン。18世紀マリア・テレジア治世下のウィーンを舞台にしたリヒャルト・シュトラウスの《ばらの騎士》のタイトルロールです。年齢は17歳。若くして爵位 [&#8230 […]