指揮者の井上道義さん、がんを克服、11日の鎌倉で活動再開へ!

 咽頭がん治療のため、4月半ばから演奏活動を休止していた指揮者の井上道義さん(67・オーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督、大阪フィルハーモニー交響楽団首席指揮者)が10月11日(土)からの演奏活動復帰を前に2日、東京芸術劇場で記者会見を行った。

 会見場所はコンサートホールのステージ上。天井からは、病床のマエストロに贈られた数多のメッセージや千羽鶴が吊されている。
 集まった記者や関係者は、オーケストラと同じように配置された椅子に座り、マエストロが指揮台に立つ!
 一言で「指揮者」と括るにはあまりにも“エンターテイナー”のマエストロらしい趣向だ。

 マエストロ井上は「治療は相当に大変でした。音楽なんかひどい病気には何の役にも立たない。助けになんかならない。どうやったら眠れるのか、咳が止まるのか、そればかり考えてちっとも休めない」と厳しい治療期間を振り返りながらも「一度死ぬ目に遭うと、もう一度生まれたような感覚になります」と振り返り「今、曲を書くのが大きな生きがい。2時間くらいの舞台作品で、主役は岡本太郎のような、僕の父親のような、僕自身のような人物。それともう一つ、野田秀樹演出《フィガロの結婚》をやります。ずいぶん前から野田を口説いてた。せっかくやるなら一回や二回じゃなくて、日本中でやろうとなった」と今後の活動に意欲をみせた。

 野田秀樹演出の《フィガロの結婚》は2015年5月〜6月、10〜11月に、10都市13公演で予定されている。

写真:(C)星ひかる

【井上道義さんの今後の演奏予定】
●NHK交響楽団 井上道義×鎌倉芸術館「いざ、鎌倉への道」Vol.4
10月11日(土) 15:30 鎌倉芸術館 大ホール

ヴァイオリン:前橋汀子
 ショーソン:詩曲 op.25
 マスネ:タイスの瞑想曲
 ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調 WAB.109(ノヴァーク版)
 *15:00から井上道義によるプレトークを予定
問:鎌倉芸術館チケットセンター 0120-1192-40

●上田市交流文化芸術センター開館記念事業 NHK交響楽団上田公演
10月12日(日) 16:00 上田市交流文化芸術センター 大ホール

ヴァイオリン:前橋汀子
 ショーソン:詩曲 op.25
 マスネ:タイスの瞑想曲
 ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調 WAB.109(ノヴァーク版)
問:上田市交流文化芸術センター 0268-23-5219

●大阪フィルハーモニー交響楽団 第482回定期演奏会
10月23日(木)・24日(金) 19:00 フェスティバルホール

ピアノ:ユリアンナ・アヴデーエワ
 ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの主題による序曲 op.115
 プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番 ハ長調 op.26
 チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調 op.36
問:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890

●佐倉市民音楽ホール会館30周年記念 東京交響楽団演奏会
11月3日(月・祝) 15:00 佐倉市民音楽ホール

ピアノ:田部京子
 ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲「展覧会の絵」より「キエフの大門」
 グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 op.16
 リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」op.35
問:佐倉市民音楽ホール 043-461-6221

●大阪フィルハーモニー交響楽団 マチネ・シンフォニー Vol.12
11月13日(木) 14:00 ザ・シンフォニーホール

チェロ:マリオ・ブルネロ
 ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 op.104
 ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 op.67「運命」
問:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890

●オーケストラ・アンサンブル金沢 ファンタスティック・クラシカルコンサート
11月23日(日) 14:00 石川県立音楽堂 コンサートホール

ゲスト:黒柳徹子
 《オペラの愉しみ》
  モーツァルト、ロッシーニ、ヴェルディ、プッチーニ
  オペラの名場面を数々のアリアとともに
問:石川県立音楽堂チケットボックス 076-232-8632

●新日本フィルハーモニー交響楽団 埼玉会館公演
11月29日(土) 15:00 埼玉会館 大ホール

ヴァイオリン:竹澤恭子
 ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.77
 ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 op.73
問:SAFチケットセンター 0570-064-939

★2015年 全国10都市共同制作オペラ《フィガロの結婚》
モーツァルト:オペラ《フィガロの結婚》〜庭師は見た!〜
全4幕(字幕付原語&一部日本語上演 新演出)

指揮・総監督:井上道義
副指揮:佐藤正浩
演出:野田秀樹
美術:堀尾幸男(HORIO工房)
衣裳:ひびのこづえ
照明:小笠原純
振付:下司尚実
舞台監督:伊藤潤

伯爵:ナターレ・デ・カロリス
伯爵夫人:T.ゲオルギュー
スザンナ:小林沙羅
フィガロ:大山大輔
ケルビーノ:マルテン・エンゲルチェズ
マルチェリーナ:森山京子
ドン・バルトロ:森雅史(前期)、妻屋秀和(後期)
バジリオ:牧川修一
バルバリーナ:コロン・えりか
アントニオ:廣川三憲
ほか

合唱:新国立劇場合唱団より ほか
演劇アンサンブル8名
声楽アンサンブル8名
管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢、兵庫芸術文化センター管弦楽団、東京交響楽団、読売日本交響楽団、山形交響楽団、九州交響楽団
チェンバロ:服部容子
ほか

◆公演日程(2014年10月現在)
●2015年5月〜6月(前期)

5月26日(火)金沢歌劇座
6月6日(土)7日(日)兵庫県立芸術文化センター
6月10日(水)サンポートホール高松
6月17日(水)ミューザ川崎シンフォニーホール
※関連公演:5月30日(土)31日(日)大阪フェスティバルホール(*30日は貸切)

●2015年10月〜11月(後期)
10月24日(土)25日(日)東京芸術劇場コンサートホール
10月29日(木)山形テルサ
11月1日(日)名取市文化会館
11月8日(日)宮崎県立芸術劇場
11月14日(土)熊本県立劇場

井上道義公式サイト http://www.michiyoshi-inoue.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 美少年と貴婦人、その甘く苦い関係 | 萌えオペラ 第4回 リヒャルト・シュトラウス《ばらの騎士》
      on 2019/09/20 at 23:30

      text:室田尚子 illustration:桃雪琴梨 前回ご紹介したズボン役の代表であるモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノ。彼が誕生してから100年以上を経て、オペラ史に名を残すもうひとりのズボン役が登場します。その名はロフラーノ伯爵オクタヴィアン。18世紀マリア・テレジア治世下のウィーンを舞台にしたリヒャルト・シュトラウスの《ばらの騎士》のタイトルロールです。年齢は17歳。若くして爵位 [&#8230 […]