鳥木弥生(メゾ・ソプラノ)が2015年度「岩城宏之音楽賞」を受賞

 今年の「岩城宏之音楽賞」にメゾ・ソプラノの鳥木弥生(とりきやよい)が選ばれた。6月9日(火)、石川県音楽文化振興事業団が発表した。

 「岩城宏之音楽賞」は、故・岩城宏之氏(オーケストラ・アンサンブル金沢永久名誉監督)の遺志を受け2007年に創設され、北陸にゆかりのある実力ある音楽家に贈られる。受賞者は、今年9月5日(土)に行われる「岩城宏之メモリアル・コンサート」(井上道義指揮)にソリストとして出演。公演の冒頭に音楽賞と副賞が授与される。

©深谷義宣

©深谷義宣

 鳥木弥生は、石川県出身。武蔵野音楽大学卒業。2000年渡伊、イタリアのフィレンツェにて故フェドラ・バルビエリ氏に師事。07年より平成19年度文化庁新進芸術家海外留学制度研修生として1年間フランスに留学、パリのエコール・ノルマル音楽院のディプロマで最高位取得。99年第8回フェスティヴァル・リリック(スペイン)で女声第1位。同年第1回エレナ・オブラスツォワ国際コンクール外国人最優秀賞受賞によりノセダ指揮/キーロフ歌劇場管弦楽団と共演。00年第6回G.B.ヴェッルーティ国際コンクール第3位、03年第9回リッカルド・ザンドナイ国際コンクールでザンドナイ賞受賞。02年フィレンツェ歌劇場公演《ジャンニ・スキッキ》のツィータに出演し、イタリアでオペラ・デビュー。国内では03年ラヴォーチェ公演《ノルマ》のクロティルデでデビューし、以降国内外の数々のオペラに出演し好演を重ねる。現在、藤原歌劇団団員。

 2015年の主な活動として、第58回NHKニューイヤーオペラコンサート(1月)、藤原歌劇団《ラ・トラヴィアータ》のフローラ(4月)、ヤマハホール銀座オペラ《蝶々夫人》のスズキ(5月)、劇団東京イボンヌ《俺の兄貴はブラームス》での特別ゲスト(6月)が挙げられるほか、今後は、藤原歌劇団共同制作公演 オペラ《ランスへの旅》メリベーア侯爵夫人(7月)、オペラ《滝の白糸》公演(再演・11月)、藤原歌劇団《仮面舞踏会》ウルリカ等に出演を予定している。

■2015年度「岩城宏之音楽賞」
●審査員
木村かをり(ピアニスト・故岩城宏之夫人)
池辺晋一郎(石川県立音楽堂洋楽監督)
井上道義(オーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督)

●応募資格
北陸三県(富山・福井・石川)に縁があり音楽活動が顕著かつ現在演奏活動を行っているもの(北陸三県の文化・音楽財団による推薦制)

●授賞式ならびに披露演奏

岩城宏之メモリアル・コンサート
2015年9月5日(土)14:00 石川県立音楽堂コンサートホール
指揮:井上道義
メゾ・ソプラノ:鳥木弥生(2015年度岩城宏之音楽賞受賞者)
ヴァイオリン:アビゲイル・ヤング
管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢

曲目
武満徹:ノスタルジア-アンドレイ・タルコフスキーの追憶に(1987)
モーツァルト:交響曲第32番ト長調K.318
モーツァルト:交響曲第31番ニ長調K.297(300a)「パリ」
ほか

チケット
S¥5,000 A¥4,000 B¥3,000
(6月13日(土)発売 問:石川県立音楽堂チケットボックス 076-232-8632 http://www.ongakudo.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • マエストロのレシピ まとめ
      on 2019/10/23 at 04:14

      職業柄、旅に出ることが多く、仕事の合間を縫って食材を作っている現場に赴くこともあると語るマエストロ・曽我大介。 このコラムでは、彼が情熱を抱きながら調理している鉄板レシピを、その料理にまつわるエピソードやライフスタイルとともにご紹介しています。 マエストロのレシピ 菜の花とアサリとベーコンのスパゲッティ | マエストロのレシピ Vol.1 シューマンの「春」を譜読みしていたマエストロが、春のヨーロ [&#8230 […]