Tag Archive for トッパンホール

西巻正史(トッパンホール プログラミング・ディレクター)

世界的苦境下で迎える開館20周年、価値の本質を問い直す  “室内楽の殿堂”トッパンホールは今秋開館20周年を迎える。“質の高さ”にこだわり抜いて、演奏家・ファンの双方から厚い信頼を得ている同ホール。その主催公演のキーマンがプログラミング・ディレクターの西巻正史だ。彼は開館の半年後に就任して以来、独自のポリシーを打ち出し…

異才たちのピアニズム ――ピアノ音楽の本質を伝える才知との邂逅 トーマス・ヘル

ドイツが生んだ異色のヴィルトゥオーゾが帰ってくる!  トッパンホールが開催している「異才たちのピアニズム——ピアノ音楽の本質を伝える才知との邂逅」。音の繊細な立ち上がりと伸びのよさを伝えるトッパンホールが、確固たる理念と高度な音楽性をもち、伝統とアカデミズムに裏付けられたピアニストとの出会いをもたらしてくれるコンサート…

ロジェ・ムラロ(ピアノ)

師メシアンの秘曲を世界初演!  トッパンホールでメシアン作品の世界初演! そんな驚きの嬉しい出来事が6月に起こる。  ピアニストはメシアン本人に激賞され、メシアン弾きの第一人者として圧倒的な存在感のあるロジェ・ムラロだ。3年ぶりのトッパンホール出演となるムラロは、メシアンがドビュッシーの生誕100年(1962年)の祝賀…

第9回大阪国際室内楽コンクール&フェスタが開催

 室内楽に取り組む優秀な音楽家を世界に広く求め、国際音楽コンクール世界連盟の基準に基づき優れた演奏を顕彰し人材を育成する「大阪国際室内楽コンクール」(3年ごとに開催)が5月13日から大阪・いずみホールで開催される。あわせて、年齢制限や課題曲がなく世界各国の民族音楽のアンサンブルも対象となる「大阪国際室内楽フェスタ」も同…

トッパンホール エスポワール シリーズ 10 北村朋幹(ピアノ) Vol.2 —室内楽

俊才の新境地&異才の初ソロを一夜で堪能  北村朋幹は才気溢れるピアニストだ。今年23歳ながら、10代半ばから第一線に立ち、どこか余裕すらも感じさせてきた。その彼が、昨年10月のトッパンホール〈エスポワール シリーズ〉第1回「ソロ」では、自己の限界に迫らんとする渾身の演奏を聴かせた。これぞ若手に飛躍の機会(と責任)を与え…

トッパンホール ニューイヤーコンサート 2014

オーケストラ作品の金字塔をコンパクトな編成で聴く  創意に溢れた魅力的なプログラムで毎年人気のトッパンホール・ニューイヤーコンサート。2014年も、「室内楽ホールで2大オーケストラ曲を聴く!」という実に興味深いテーマが掲げられている。プログラムは、ホルストの組曲「惑星」とストラヴィンスキーのバレエ「春の祭典」。この壮麗…