Tag Archive for オテロ

【ゲネプロレポート】英国ロイヤル・オペラ《オテロ》〜日本公演が本日いよいよ開幕!

 英国ロイヤル・オペラ2019年日本公演が、9月12日から23日にかけて開催される。アントニオ・パッパーノが02年、同劇場音楽監督に就任して以来、3度目の日本公演となる。  9月14日には神奈川県民ホールでヴェルディ《オテロ》の幕が開く。本公演を前に11日、最終総稽古(ゲネラル・プローベ)が行われた。 (2019.9/…

【会見レポート】英国ロイヤル・オペラ日本公演まもなく開幕!

 9月12日の開幕を控え、英国ロイヤル・オペラ2019日本公演の記者会見が開催された。アントニオ・パッパーノ音楽監督をはじめ《ファウスト》と《オテロ》の主役たちが顔を揃えた。 (2019.9/6 東京都内 取材・文:吉羽尋子 Photo:J.Otsuka/Tokyo MDE)  「日本に来るたびに大きな喜びを感じていま…

イルデブランド・ダルカンジェロ(バスバリトン)

メフィストフェレスという悪魔は常に優雅でなければいけない  オペラ史上屈指の大ヒット作であり、グノーの甘い調べと「愛嬌ある敵役」メフィストフェレスの男の色気が際立つ《ファウスト》。9月にアントニオ・パッパーノ率いる英国ロイヤル・オペラ日本公演でこの悪魔役を演じる美男のバスバリトン、イルデブランド・ダルカンジェロが、音楽…

英国ロイヤル・オペラ2019年日本公演

名匠が二大名作で聴かせる“壮麗で熱い音楽美”  英国ロイヤル・オペラ(ROH)と音楽監督アントニオ・パッパーノは、オペラ界に一大進歩をもたらした。彼らは「大スターを起用し、名作に新たな光を当てる」ことで、多くの人の眼を集めることに成功。客席のエレガントな装いもこの歌劇場の勢いを裏打ちするものだろう。貴族的なカップルから…

2019年3月発売のおすすめチケット情報

■3/2(土)発売 サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン 2019 2019.6/1(土)〜6/16(日) サントリーホール ブルーローズ(小) 主な出演者: 堤剛 宮田大 新倉瞳(チェロ) 原田幸一郎 池田菊衛 渡辺玲子 服部百音 ハン・スジン(以上ヴァイオリン) 磯村和英(ヴィオラ) 池松宏 (コント…

10代のためのプレミアム・コンサート はじめての演奏会オペラ〜イタリア・オペラ編〜

 昨秋東京フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者に就任し、人気沸騰中のイタリア人指揮者、アンドレア・バッティストーニ。9月にはBunkamuraオーチャードホールで、ヴェルディの大傑作《オテロ》を指揮。映像演出付きの意欲的な上演だが、その公演の合間を縫って「若者にオペラを届けたい!」というバッティストーニの夢の企画が実現…

アンドレア・バッティストーニ(指揮)

新しい試みも導入して上演するヴェルディ・オペラの最高峰  この秋Bunkamuraオーチャードホールで上演される《オテロ》(演奏会形式 /管弦楽:東京フィル)は、本年のオペラ公演でも屈指のものになるに違いない注目公演である。《ナブッコ》や《トゥーランドット》など数々のイタリア・オペラで日本のファンを魅了してきたイタリア…

『クラシカ音楽祭〜ようこそJAPAN〜注目アーティスト、もっと魅せます!』

 日本で唯一のクラシック音楽専門TVチャンネル「クラシカ・ジャパン」が、11月18日から20日までの3日間、「クラシカ音楽祭」を実施する。題して「ようこそJAPAN〜注目アーティスト、もっと魅せます!」  期間中は無料放送で、この秋から年始にかけて来日するアーティストたちの、ヨーロッパでの活躍を紹介、来日公演とは一味違…

沼尻竜典(指揮)

いま《オテロ》を振るのは良いタイミングだと思っています  びわ湖ホール、神奈川県民ホール、iichiko総合文化センター、東京二期会、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、京都市交響楽団の6団体の共同制作により、ヴェルディの《オテロ》が来年3月に上演される。指揮はびわ湖ホールの芸術監督であり、2013年8月からドイツ・リュー…

大分県立美術館が来春開館。館長に新見隆、坂茂が設計

 2015年4月24日(金)、大分県立美術館(以下、OPAM)が開館する。それに先立ち23日、東京都内で記者会見が行われた。登壇者は以下の通り。坂茂(建築家/大分県立美術館 設計)、新見隆(大分県立美術館 館長)、土谷晴美(大分県企画振興部 芸術文化スポーツ局 局長)、平野敬子、工藤青石(コミュニケーションデザイン研究…