METライブビューイング シェイクスピア生誕450周年記念スペシャルトークショー

NYメトロポリタン歌劇場のオペラを映画館で楽しむ「METライブビューイング」では、シェイクスピア生誕450周年を記念して、シェイクスピア原作のオペラを含む全26作品を東劇にて上映中だ。

9月15日(月・祝)15:00の回のヴェルディ《ファルスタッフ》の上映前には、音楽評論家の加藤浩子と、シェイクスピア研究で著名な東京大学教授・英文学者の河合祥一郎を迎えて、スペシャルトークショーを開催する。

《ファルスタッフ》からRoyal Opera House (c)Catherine Ashmore

《ファルスタッフ》からRoyal Opera House (c)Catherine Ashmore

ヴェルディを敬愛しているという加藤浩子は、ヴェルディ生誕200周年を迎えた昨年、『ヴェルディ: オペラ変革者の素顔と作品』(平凡社新書)を執筆、『ハムレットは太っていた!』(白水社)など、シェイクスピアに関する著書・翻訳を多く手がける河合祥一郎は、現在国立劇場で上演中(9/22(月)まで)の、シェイクスピア作の『ヘンリー四世』『ウィンザーの陽気な女房たち』をもとにした新作文楽『不破留寿之太夫(ふぁるすのたいふ)』の脚本も手がけている。

シェイクスピアとオペラの素敵な関係について、それぞれに熱い想いを秘めた二人がその魅力をどう語るのか、興味は尽きない。

ヴェルディ×シェイクスピアが遺した人間賛歌ともいえる傑作オペラ《ファルスタッフ》の魅力をより深く知るために、二人のトークに耳を傾けてみてはいかがだろうか。

◆METライブビューイング シェイクスピア生誕450周年記念トークイベント
詳細
http://bit.ly/1qBtu46

◆日時:2014年9月15日(月・祝)15:00〜(40分)
◆場所:東銀座・東劇(中央区築地4-1-1東劇ビル3F/地下鉄東銀座駅6番出口より徒歩1分)
◆登壇者:加藤浩子(音楽評論家)、河合祥一郎(東京大学教授・英文学者)
◆スケジュール
14:40〜 開場
15:00〜 トーク開始(終了予定:15:40)
15:45〜 《ファルスタッフ》本編上映開始

METライブビューイングアンコール2014
8/9(土)〜9/26(金) 東劇
問:東劇03-3541-2711

《トスカ》から(c)Ken Howard/Metropolitan Opera

《トスカ》から(c)Ken Howard/Metropolitan Opera

■関連情報
●国立劇場『不破留寿之太夫』特設サイト
http://www.ntj.jac.go.jp/kokuritsu/h26/falstaff.html

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]