上岡敏之(指揮) 新日本フィルハーモニー交響楽団

後期ロマン派から新ウィーン楽派へ―濃厚な色香漂う響き


 1月の定期演奏会でシューベルトの交響曲第6番やメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」を演奏して、幸先の良い2020年のスタートを切った上岡敏之&新日本フィル。3月の定期演奏会でも、上岡が得意とするドイツ=オーストリア音楽を取り上げる。
 プログラムは、ウェーベルンの「パッサカリア」で始まる。そして、それはメインのブラームスの交響曲第4番第4楽章のパッサカリアへとつながる。「パッサカリア」とは、固執低音(オスティナート)にもとづく変奏曲をいう。上岡はとりわけ音色に対するこだわりが強く、音色旋律という概念を持つようになるウェーベルンの初期の作品をどう再現するのか、非常に注目される。

 ウェーベルンの「パッサカリア」は、もう一方で、彼とともにシェーンベルクの弟子であったベルクの作品につながる。いわゆる新ウィーン楽派。彼らは十二音技法で知られるが、この日演奏されるベルクの「7つの初期の歌曲」は、彼の作曲家としての初期の作品であり、微妙な調性感を残す。その官能的な甘美さは、熟れた果実を思わせる。作曲年代も、ウェーベルンの「パッサカリア」とほぼ同じ、1908年頃である。独唱を務めるのはユリアーネ・バンゼ。オペラでもリートでも活躍するドイツ出身の彼女は、歌手として今が最も脂ののっている時期ではないだろうか。アバド&ウィーン・フィルとベルクの「アルテンベルク歌曲集」や「ルル」組曲の録音を残す名歌手だけに、「7つの初期の歌曲」での歌声が楽しみである。
文:山田治生
(ぶらあぼ2020年3月号より)


*新型コロナウイルスの感染症の拡大防止の観点から、本公演は延期となりました。(3/10主催者発表)
詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。

第617回 定期演奏会 ジェイド〈サントリーホール・シリーズ〉
2020.3/19(木)19:00 サントリーホール

特別演奏会 サファイア〈横浜みなとみらいシリーズ〉 第11回
3/21(土)14:00 横浜みなとみらいホール
問:新日本フィル・チケットボックス03-5610-3815 
https://www.njp.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]